2017年07月26日

【熊本城復旧記録】市役所14階展望ロビーから見た天守閣(1) 2016年9月〜2017年1月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(1) 2016年5月〜8月


つづき

shiya2016.9.23.JPG

2016年9月23日撮影

長塀の白いシートがよく目立ちます。

長塀も地震で一部倒壊してしまい、最初は青のシートだったけど、8月に白いシートに張り替えられました。


shiya2016.9.23.5.JPG

2016年9月23日撮影

アップにすると大天守最上階の屋根瓦がないのがよくわかります。


shiya2016.12.9.JPG

2016年12月9日撮影

12月になり長塀の白いシートは外されました。

いよいよ長塀の撤去がはじまります。



shiya2016.12.9.5.JPG

2016年12月9日撮影

城内は秋色。

天守のイチョウも色づいています。

いつもなら、銀杏の黄色と天守の黒のコラボを撮影するために写真マニアがたくさん訪れる時期なのに・・・。

今年は市役所から楽しませてもらいます。


shiya2017.1.18.JPG

2017年1月18日撮影

年末からはじまった長塀の撤去作業。

足場にシートが張られ、今よく目立ちます。


shiya2017.1.18.2.JPG

2017年1月18日撮影

冬の熊本城、今年は誰もいないから余計に寂しく感じます。

私は冬の熊本城好きだった。

この時期は観光客が少ないから、城内のどこもゆっくりじっくり見ることができ、長い時間かけてブラブラするのが楽しかったな。

早く、そんな日が戻ってほしい。


つづく

posted by 夢子 at 15:48 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

【熊本城復旧記録】市役所14階展望ロビーから見た天守閣(1) 2016年5月〜8月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


shiya2016.5.18.4.JPG

2016年5月18日撮影

熊本城は大きなお城なので、城内からすべてを見渡すことができません。

だから、地震前もよく市役所14階の展望ロビーから城内を眺めていました。

地震後もここから城内を。今は中に入れないから、ここが一番城内の様子がわかります。

この場所があってよかった。ありがたいです。

ブルーシートは気になりますが、ここからこうやってみていると、細かい被害はわからず、地震前とそれほどかわりません。


shiya2016.5.18.3.JPG

2016年5月18日撮影

大天守、本丸御殿、東竹之丸の平櫓群、数寄屋丸二階御広間、みんな地震前と同様建っています。

頑張りました、本当によく耐えてくれました。

ありがとう。



shiya2016.7.21.2.JPG

2016年7月21日撮影


shiya2016.7.21.5.JPG

2016年7月21日撮影

春、地震が発生し、もう夏になりました。

いつもなら、たくさんの観光客が訪れていたのに、今は静かな熊本城。



shiya2016.8.12.2.JPG

2016年8月12日撮影

地震で傷つき、どの建物も石垣も弱っている。

暑さでバテていないかな?

天守は気づいているかな?

城内に入れなくなり、最近は市役所14階展望ロビーから城内を見る人が増えたことを。

みんな、心配そうに見ているよ。

みんな、頑張って! とエールを送っているよ。

今は近くにいけないけど、それでもみんな熊本城のことをいつも気にしているから。

だから、夏の暑さに負けないでね。


つづく

posted by 夢子 at 15:32 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

【熊本城復旧記録】東十八間櫓(6) 2017年2月〜4月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


東十八間櫓(1) 2016年4月〜9月
東十八間櫓(2) 2016年10月〜11月
東十八間櫓(3) 2016年11月〜12月
東十八間櫓(4) 2016年12月〜2017年1月
東十八間櫓(5) 2017年1月〜2月


つづき


higashi2017.2.18.JPG

2017年2月18日撮影

東十八間櫓の応急工事が終わり、熊本大神宮に入れるようになりました(^○^)

よかった、本当によかった。

地震前、ここから見る景色好きでした。

スマートでかっこいい東十八間櫓と熊本大神宮の鳥居がうまくマッチしていたんです。

それが今はまったく変わってしまったけど、それでも大神宮にお参りできるようになり、本当によかったです。


higashi2017.3.8.2.JPG

2017年3月8日撮影

熊本大神宮の社務所は東十八間櫓が倒壊、崩落し壊れてしまいましたが、拝殿はなんともなく。

よかった。これは神様の御加護ですね。ありがたいことです。



higashi2017.3.8.JPG

2017年3月8日撮影

東十八間櫓のほうは規制線がありますが、間近で見ることができます。

今後、復旧工事が終わらないと元に戻りません。

そこまでの道のりは長いことでしょう。

しばらくこの光景のままとなると思いますが、それでも一歩も二歩も前進です。



higashi2017.4.12.JPG

2017年4月12日撮影

桜がきれいです。

まさか境内から城内の桜が見れるとは。

昨年までは東十八間櫓があったので、ここから城内の桜は見えませんでした。

こんな形での再会に、びっくりするやら、嬉しいやら。


higashi2017.4.7.JPG

2017年4月12日撮影

ちょっと横に目を向けると、こちらにも桜が。

白いシートと桜のコラボ。これも昨年では考えられないこと。

今年は何もかもが違います。


つづく
posted by 夢子 at 15:03 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

【熊本城復旧記録】東十八間櫓(5) 2017年1月〜2月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


東十八間櫓(1) 2016年4月〜9月
東十八間櫓(2) 2016年10月〜11月
東十八間櫓(3) 2016年11月〜12月
東十八間櫓(4) 2016年12月〜2017年1月


つづき

higashi2017.1.30.2.JPG

2017年1月30日撮影

入口は閉じられています。

工事中だから当然です。

最近はここが閉まっていることが多いので、これに対してはなんとも思わず。


higashi2017.1.30.JPG

2017年1月30日撮影

角度を変えて見ると、なんと梅が咲いています。

なんか、ホッとするというか、心がほわっとして、嬉しかった。

地震で本当に大変な目にあった熊本大神宮。

東十八間櫓が倒壊、崩落しなければ、こんな大惨事にならなかったのに・・・。

そんな中、梅が咲きました。

梅の開花で、きっと境内にも温かい優しい気が流れていることでしょう。



higashi2017.2.3.JPG

2017年2月3日撮影

いつもとは違う位置から撮ってみました。

東十八間櫓の石垣にモルタルが吹き付けられ、拝殿が目立つようになりました。



higashi2017.2.6.JPG



higashi2017.2.6.3.JPG

2017年2月6日撮影

応急工事もそろそろ終盤かな?

すっきりしているし、土嚢もたくさんあり、このあとどんな風になるんだろう。

そして、応急工事が終わったら、境内には入れるのかな。


【東十八間櫓の崩落石垣、部材の回収作業】
工事期間  2016年7月19日〜2017年2月20日
崩落した石垣石材、倒壊した東十八間櫓の部材回収作業及び応急工事
回収した石垣は約1900個で、二の丸の催し広場に保管



つづく

posted by 夢子 at 14:46 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

【熊本城復旧記録】東十八間櫓(4) 2016年12月〜2017年1月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


東十八間櫓(1) 2016年4月〜9月
東十八間櫓(2) 2016年10月〜11月
東十八間櫓(3) 2016年11月〜12月


つづき

higashi2016.12.25.JPG

2016年12月25日撮影

入口が閉まっており、工事の様子は見えません。

まぁ、仕方ないですよね。



higashi2017.1.7.JPG


higashi2017.1.7.2.JPG

2017年1月7日撮影

年が明けました。

運がいいことにお正月は拝殿に参拝できるように、境内に入ることができました。

これはありがたかったです。

長い間、手を合わせました。

今年は穏やかな日々が続きますように。

これだけですね、願いは。

そして、境内に入れたので、東十八間櫓の石垣も近くで見えました。

栗石がかなりの量残っています。



higashi2017.1.21.2.JPG

2017年1月21日撮影

またまた入口は閉じられ・・・



higashi2017.1.21.JPG

2017年1月21日撮影

入口が閉じられていたので、違う角度から見ると、なんかすっきりしている。

たくさんあった栗石?


つづく
posted by 夢子 at 14:33 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城