2017年10月02日

【熊本城復旧記録】西大手門前(5) 2017年10月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
西大手門前(1) 2016年4月〜7月
西大手門前(2) 2016年11月〜2017年4月
西大手門前(3) 2017年4月〜8月
西大手門前(4) 2017年8月〜9月


つづき


da2017.10.1.101.jpg

2017年10月1日撮影

ついに西大手櫓門、元太鼓櫓の近くまで行けるようになりました。

8月1日から観覧区域拡大の予定でしたが、陥没ができ、2か月延期となりました。

ここは間近で見ると、石垣の崩れの迫力がすごい。

被害状況を知っている私、この状況を報道で見た私、でも泣いてしまった。

ここは当分見るたびに胸がしめつけられるだろうな。

でも、私よりも辛くてきついのは石垣や櫓たち。

泣くのではなく、応援の声を伝えなくてはね。

2017年10月1日、観覧区域拡大! 西大手櫓門、元太鼓櫓付近(1)
2017年10月1日、観覧区域拡大! 西大手櫓門、元太鼓櫓付近(2)



つづく




    
  城 用 語
    

支城  しじょう

本城を支えるために配された城。

通常は出城・砦・陣屋などなどとよばれた。
posted by 夢子 at 09:40 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

2017年09月29日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(8) 2017年9月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(1) 2016年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(2) 2016年11月〜2017年2月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(3) 2017年2月〜3月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(4) 2017年4月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(5) 2017年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(6) 2017年5月〜8月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(7) 2017年8月〜9月


つづき


z20170928002.jpg

2017年9月28日撮影

秋空が広がる二の丸広場から撮影。

熊本城は青空が似合います。

修復工事ですが、美しく、そして凛々しい大小天守と宇土櫓。

この姿をいつも見れることに感謝しています。


つづく



    
  城 用 語
    

根城  ねじろ

※一の城
※本城

根本の城で、中心の城のこと。
posted by 夢子 at 14:55 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(15) 2017年9月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月
加藤神社から見た大小天守閣(3) 2017年1月〜2月
加藤神社から見た大小天守閣(4) 2017年3月
加藤神社から見た大小天守閣(5) 2017年4月
加藤神社から見た大小天守閣(6) 2017年4月
加藤神社から見た大小天守閣(7) 2017年4月〜5月
加藤神社から見た大小天守閣(8) 2017年5月
加藤神社から見た大小天守閣(9) 2017年5月
加藤神社から見た大小天守閣(10) 2017年5月〜6月
加藤神社から見た大小天守閣(11) 2017年6月
加藤神社から見た大小天守閣(12) 2017年6月
加藤神社から見た大小天守閣(13) 2017年7月
加藤神社から見た大小天守閣(14) 2017年8月〜9月



つづき


asd20170918a08.jpg

2017年9月18日撮影

三連休、日本縦断した台風18号。

大型で非常に強い台風が接近するということで、16日に足場を覆うネットは巻いて括られた。

その準備の様子は見に行けなかったが、台風が去った翌日に加藤神社へ。

早朝から足場の上には作業員の方が。

台風の被害がないか確認しているのかな。

それが終わったら、またシートで覆われるんでしょうね。

だから、これは貴重な一枚になりました。

今回の台風、熊本城は特に被害はありませんでしたが、復旧工事がはじまったばかり。

今後も台風は来るだろうから、そのたびに気にして、心配して・・・。それを繰り返すのだろうな。



a2017.9.23.02.jpg

2017年9月23日撮影

あら・・・  小天守の上部の足場がなくなっている。



z20170928009.jpg

2017年9月28日撮影

さらに、さらに足場が外され、最上階が顔を出している。

そして、よーく見ると下見板が取られ、黒い小天守が茶色の小天守に。

上部の足場がなぜ外されたのかわかりませんが、久々に小天守を見ることができラッキー。


つづく



    
  城 用 語
    

本城  ほんじょう

※支城、枝城、端城に対して中心となる城(本城)。
本城は大将、主将の居城でもある。

※城での中心曲輪「本丸」。

posted by 夢子 at 11:14 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

2017年09月14日

【熊本城復旧記録】宇土櫓(うとやぐら)(11) 2017年9月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >



【熊本城復旧記録】
宇土櫓(うとやぐら)(1) 2016年6月〜10月
宇土櫓(うとやぐら)(2) 2016年11月
宇土櫓(うとやぐら)(3) 2016年11月〜12月
宇土櫓(うとやぐら)(4) 2016年12月〜2017年2月
宇土櫓(うとやぐら)(5) 2017年2月
宇土櫓(うとやぐら)(6) 2017年3月〜4月
宇土櫓(うとやぐら)(7) 201年4月〜5月 
宇土櫓(うとやぐら)(8) 2017年7月
宇土櫓(うとやぐら)(9) 2017年7月〜8月
宇土櫓(うとやぐら)(10) 2017年8月〜9月


つづき


xd20170914a105.jpg


xd20170914a106.jpg

2017年9月13日撮影

宇土櫓続櫓の石垣の足場が上部に差し掛かりました。

先週からはじまった足場の組み立て、早いです。

作業が早く、毎日高くなっていきます。

今、台風が近づいてきているので心配です。

どうか台風の被害がありませんように。


a2017.9.22.03.jpg

2017年9月22日撮影

足場が完成したようです。

上部はシートで覆われています。

これは工事の関係上でしょうね。


z20170928006.jpg

2017年9月28日撮影

足場が完成したので変化はありませんが、お天気がいいほうが写真もきれいなので撮りました。

そうそう、先日、熊本城復旧基本計画画策委員会が行われました。

その内容の一部熊日に載っていました。

宇土櫓は2025年度までの復旧を目指す

2025年度って、今2017年度だから8年も先だよ。

まだまだ長い長い戦いになりますね。


つづく



    
  城 用 語
    

海賊城  かいぞくじょう

中世の水軍の根拠地。
海賊とは水軍のことで、港湾の監視が目的で、港の出入口付近の丘陵地に築かれた。
村上水軍の能島、来島、松浦水軍の松浦城、九鬼水軍の鳥羽城などが有名。

posted by 夢子 at 07:53 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城

2017年09月11日

【熊本城復旧記録】242メートルの長塀(11) 2017年9月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
242メートルの長塀(1) 2016年4月
242メートルの長塀(2) 2016年5月
242メートルの長塀(3) 2016年8月〜11月
242メートルの長塀(4) 2016年12月
242メートルの長塀(5) 2016年12月
242メートルの長塀(6) 2017年1月
242メートルの長塀(7) 2017年1月
242メートルの長塀(8) 2017年3 月
242メートルの長塀(9) 2017年4月
242メートルの長塀(10) 2017年4月〜5月


つづき


a20170909104.jpg


a20170909105.jpg

2017年9月9日撮影

熊本城の新しい案内板ができました。

長塀の案内板は地震前と地震後の写真が載っており、これを見ると移り変わりがよくわかります。

多分、はじめて長塀を見る人はここに242メートルの長い塀があったなんてわからないからね。

この案内板はいいよ



a20170909132.jpg

2017年9月9日撮影

長塀から見た飯田丸五階櫓。

最近、葉っぱが落ち始めたから飯田丸五階櫓を支えている赤い鉄骨が見えるようになりました。

緑の鉄骨から赤い鉄骨にバトンタッチし、ここからまた復旧に向けて進んでいきます。



つづく




    
  城 用 語
    

島城  しまじろ

島そのものや、島同然の半島を城地としている城。

村上水軍の来島城(くるしまじょう)、能島城(のじまじょう)が有名。

posted by 夢子 at 16:57 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城