2008年06月16日

非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼を食べました!

6月14日の岩手・宮城内陸地震で、被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧できるよう心よりお祈り申し上げます。

地震列島といわれる日本。
この日本に住んでいる限り、いつ地震がおこるかもしれない。
そう思っていても、きちんと地震対策ができていない。
ライフラインが寸断されれば、備蓄がなければ食べることも飲むこともできない。
最低三日分の水、食糧は保存するように言われているが、我が家には家族の三日分の備蓄はない。
まずは食糧の備蓄をしなくてはいけない。

そんな中、家族で非常食専門店ホリカフーズミリメシ(レスキューフーズ)を試してみました。
なんでも備蓄すればいいというものではない、ある程度どんなものかきちんと確認して備蓄体制に入ったほうがいいということでミリメシ初体験です。



非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


ミリメシの牛丼です。
火も電気も水もいらないので、このミリメシさえあれば牛丼が食べられます。
大きさは30cm弱あります。これを10食とか備蓄するとかなりの量になるが数食ならそれほど場所もとりません。


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


ミリメシの中身は、白いごはん、牛丼の素、発熱剤、発熱溶液、れんげ、紙ナプキンが入っています。
れんげと紙ナプキンまで用意されているとはすごい!
冷静に考えれば、災害にあったときに食べるのだから、れんげがなければ手づかみで食べることになるので入っていて当たり前か!


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼

非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


まずは発熱材を袋にセットします。
セットするといっても、ただ置くだけですが・・・


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼

非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


白いごはん、牛丼の素を立てて入れます。


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼

非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


発熱溶液を袋に流しこみます。
するとすぐに熱くなってきます。
このまま30分ほど待ちます。
袋の上部から湯気がでてくるので、触らないようにします。


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


出来上がり♪
熱いので軍手で取り出します。


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


真っ白のごはんです。
ここに牛丼の元をかけれないので、ご飯を丼に移しました。
丼とか大きめのお皿があればいいけど、イザというときに何もなかったらちょっと食べにくいなぁ。


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


ちょっと固い!


非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼

非常食専門店ホリカフーズのミリメシ(レスキューフーズ)牛丼


つゆだくの牛丼です。
最初、ご飯が固いと思っていましたが、牛丼の元をかけるとちょうどいい固さになりました。
ここまで計算して作ったのかなぁ。もしそうならこのミリメシすごいよ!

牛肉は柔らかいし、つゆもおいしいです。
絶賛するほどの旨さではないけど、まずくないです。これなら普通に食べれます。
非常時にまともに食事ができない場合、このミリメシが食べれるなら大満足です。
非常時の食事って、簡単なものばかりなので、お肉を食べることによって体力もつくので、ミリメシは備蓄するべきですね。

何しろ、水も火もないもいらないし、30分あれば簡単に熱々の食事が出来上がるので保存食にぴったりです。
賞味期限は2年半、1食1,000円強なので数食用意したいですね。

非常食専門店ホリカフーズ



おすすめ♪
今日から学ぶ!今すぐできる!震災対策の知恵袋
Tomoさんの『今日から学ぶ!今すぐできる!震災対策の知恵袋』は災害グッズ、非常食、保険など役立つ情報が満載です。

posted by 夢子 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品・ドリンク・料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック