2012年09月19日

睡眠不足がうつ病を引き起こす! 朝日を浴びて体内時計リセットを


睡眠不足はうつ病発症の危険因子であることを知っていますか?

私、つい最近はじめて知りました。娘が医療関係の仕事をしており、たまたま家族で話をしていた会話の流れから、『睡眠不足が続くとうつ病になりやすいんだよ』って言い出し。それでネットで調べてみると、


睡眠総合ケアクリニック代々木

ここにも、『睡眠不足はうつ病発症の危険因子であるとされています』と書かれています。


私自身、毎日睡眠は6〜7時間ほどです。できれば8時間しっかり寝たいけど時間がないのよね。多分、私みたいな人って多いと思う。私は6〜7時間寝ていますが、少ない人は3〜4時間って人もいますからね。


睡眠は心と体の健康を保つ大切な生活習慣です。
たとえ睡眠時間が少なくてもぐっすりと寝れるようにするには、朝日を浴びることです。


ここで誤解しないでほしいのが、朝日を浴びたから目覚めるわけでないということ。

脳にはメラトニンというホルモンを分泌する場所があります。メラトニンは、睡眠導入作用があり、別名『睡眠ホルモン』と呼ばれています。このメラトニンは朝日を浴びると約15時間ほどすると分泌されます。朝起きて朝日を浴びると夕方暗くなったころから少しずつ分泌量が増え、午前2時ごろに分泌量がピークに達します。

だから、朝起きて日光を浴びることでその夜の健全な睡眠を誘導してくれるので朝起きたらまずは朝日を浴びましょう。



私、自分で睡眠時間が少ないと思っているけど毎日元気なのは朝日で体内時計をリセットしているからだと思う。
最近は日光にあたるのがよくないって言うけど、朝起きたら日を浴びて元気を吸収しましょう。これが心の健康に繋がるので。

朝散歩おすすめですよ。私は毎朝30分夫と愛犬と散歩しますがきれいな朝日を見ると気持ちがいいですよ。おかげで布団に入るとすぐに爆睡zzz


「かくれ不眠」チェックシート

これやってみたら、なんと私の「かくれ不眠」指数は 『高ストレス』タイプと出た(T_T)
かくれ不眠らしい。でも、これ合ったいるんだよね・・・

眠る前、深夜に食事をとったりすることはありませんか。こうした生活習慣は、脳をはじめとする身体の各器官の活動リズムを乱し、心地よい睡眠を妨げますので、なるべく避けましょう。


夕食時間が遅いの、我が家は。だからきちんと消化できないまま布団に入っているんだと思う。
もう少し夕食を早くしたいけど、これは難しく。はぁ、気をつけなくては。


posted by 夢子 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気・検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293240300

この記事へのトラックバック