2016年04月28日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(23) 本丸御殿・若松之間

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

本丸御殿大広間・若松之間です。通常はこの部屋に入ることができませんが、毎年2月は大広間に入ることができます。そのときに撮影したものです。


zlkzzsFB_IMG_1461239642142-COLLAGE.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239662956.jpg

若松之間、昭君之間は絵か描かれているので、フラッシュは禁止です。

だから、写真(私の腕)だと実際よりも色がきれいに撮れなくて(^^;;




フォトグラフ熊本城(本丸御殿復元完成記念 写真集)はとてもきれいな本丸御殿がいっぱい載っています。

今、熊本城内に入れないので、私はこの本を見ながら、早く城内に入りたいという気持ちをかき立てられています。

フォトグラフ熊本城 ⇒詳細・購入



zlkzzsFB_IMG_1461239653940.jpg

左が違い棚、右が付け書院です。写真には写っていませんが付け書院の横に床の間があります。

最初のころは違い棚や付け書院って全然わからなくて(^^;;

一般的にというか江戸時代の常識では、床の間と違い棚は同じ面に並び、付け書院は床の間に対して直角に折れて配置されるそうです。だから、付け書院、床の間、違い棚の並びになるんですが、江戸時代初期以前は床の間や棚の配置は様々でした。様式が決まる前の造りなので、そういう意味でもとても貴重な建物です。

あと、私は付け書院の上の欄間が好きです。

廊下にこの欄間を通した陽の光が写るんですが、それがとても美しくて。照明のない時代、こんなに美しく自然光を入れることができるなんて、この本丸御殿を設計した人は天才ですよ。



zlkzzsFB_IMG_1461239642142.jpg

襖の上は筬欄間(おさらんま)です。

ここの襖が閉まっているのを一度も見たことがありません。いつも開けてあります。

いつかいつか襖全面の絵を見てみたいなー


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 10:50 | 日本100名城(熊本県)