2016年04月28日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(26) 宇土櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

この日は本丸御殿のあと天守閣には登らず、宇土櫓に行ったみたいです。

天守閣からの写真が一枚も残っていないので行っていないと思います。

なんか、昔の写真を一枚一枚チェックしていくと、その日の行動がわかりますね。



zzsyu6FB_IMG_1461239699241-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239699241.jpg

平左衛門丸から撮った大小天守閣。

この大小天守閣の石垣も好き。大天守と小天守は一緒に造っていないので、石垣の積み方が違うんだよね。

大天守は熊本城築城初期のもので、隅石は同じ大きさの石を下から積み上げている。

小天守は隅石が算木積みなの。だから急な角度で立ち上がっている。

こんな大小天守閣って他にないから、ここも熊本城の自慢のひとつ。



zzsyu6FB_IMG_1461239703508.jpg

宇土櫓。これは築城当時から残る唯一の建物。

櫓の高さは犬山城とほぼ同じ。だから、櫓じゃなくて天守でも通じます。

この宇土櫓は昭和2年、倒壊寸前となり解体修理しましたが、その期間はなんと6ヶ月という超ハイスピードです。これからの熊本城も超ハイスピードで復元できるといいなー




zzsyu6FB_IMG_1461239707375.jpg

左から二階櫓、続櫓、宇土櫓です。

続櫓は古外様櫓と呼ばれていた時期もあります。

宇土櫓も、宇土櫓と呼ばれるようになったのは江戸中期頃から。

それまでは『天守西の御丸五階櫓』『平左衛門預五階櫓』なんて書かれている文献などもあります。



写真をよく見ると続櫓が斜めになっているのがわかると思います。

ここ斜めなんだよねー   この斜めも専門家によって見解がわかれ、熊本城はいまだにわからないことがいっぱいある。だから面白いんだよねー



zzsyu6FB_IMG_1461239712909.jpg

この続櫓の石垣の前で、陸軍(熊本鎮台)が記念撮影をしています。

それが本丸御殿の中にあるんですが、私は写真を見ても、どこで撮ったのか全然わかなかったんですが、先輩が教えてくれてました。私はまだまだ熊本城の石垣のことがわかっていないから、これからもっともっとじっくり見て、ひとつひとつの石と会話しながら、把握していこうと思っていた矢先の熊本地震で・・・。

でも、城内に入れるようになったら、ひとつひとつ石と向き合いたい。




zzsyu6FB_IMG_1461239703508-COLLAGE.jpg

宇土櫓の中にいるのが好きだった。

斜めになった廊下、手斧で削った跡、急な階段。そして隠し部屋? あの空間は隠し部屋なんだろうか?

宇土櫓の階段は急なんだけど、数えきれないぐらい登り降りしているから、自然と足が覚えてしまい、今ではトントントンっとリズムカルに降りれるようになった。早く、トントントンっあの階段を降りたい。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 16:41 | 日本100名城(熊本県)