2016年05月03日

【熊本県の城】2015年4月、熊本城南坂・南大手門(1) 南坂

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年4月に撮った熊本城・南坂の写真です。


FB_IMG_1461999905936.jpg

この南坂はあまり利用する人がいなくて、いついってガランとしています。

でも、私は好きですよ。ここも!!!

この南坂を登ると南大手門があります。南大手門は中に入ることができるので、何度も行ってお城の造りを勉強しました。




FB_IMG_1461999885490.jpg

案内板より

南坂(みなみざか)
 この坂は江戸時代は南坂と呼ばれ、飯田丸下の備前掘中ほどから南大手門へ向かう比較的急な坂道で、山崎や高田原等の城下町に住む藩士の登城路であった。
 この石垣の上の曲輪(城の周りに築いた堀、石垣、塀などで構成する区画)は細川氏入国(1632年)後、奉行所が置かれたことから奉行丸と呼ばれている。
奉行所は御奉行所、御勘定方、小物成、御郡代の四部門からなり、多くの藩士が公務を行っていた。
 奉行所に熊本城復元整備計画の一環として、平成十五年まてに『未申櫓』『元太鼓櫓』と付属の塀を復元した。
 また、かつて『井樋方櫓』『御客方櫓』があった場所は遺構表示と木柵で表示している。
 明治三十五年に明治天皇が行幸された折、現在の車道を整備し行幸坂と呼ぶようになった。熊本市




FB_IMG_1461999898151.jpg



FB_IMG_1461999893800.jpg

昔はこの南坂も何気なく歩いていました。それが熊本城に魅せられるにつれ、ひとつひとつ細かいところまで見るようになりまして。

横の塀には狭間がずらりと並んでいます。正面の南大手門にも狭間が並んでいます。

時には、『こんなにのんびり歩いていると確実にやられているな』って思ったり、

時には、『ここを一気に突破するには・・・』なんて強気なことを考えたり。



改めて写真を見て、いろいろなことが思い出されます。

熊本城の中、すべてに思い出があります。これからもっともっとその思い出を積み重ねていく予定でした。。。

いや、大丈夫。今はちょっとだけ小休止。必ずまたたくさんの思い出を積み重ねることができるから。

だって、難攻不落の熊本城だもん。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/

posted by 夢子 at 15:53 | 熊本城南坂・南門