2017年07月22日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(3)

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(1) 2016年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(2) 2016年11月〜2017年2月


つづく


niten2017.2.14.JPG

2017年2月14日撮影

この写真は前回もアップしました。

このとき、西出丸にクレーン車が出現しました。


niten2017.2.15.JPG

2017年2月15日撮影

翌日には何やら建物が・・・。

西出丸にはすでにプレパブがひとつ建っていました。

それは倒壊した重要文化財の建材を収納する建物です。

再建するまで、そのプレハブの中で管理します。それは平屋なので二の丸広場から見えません。

でも、これは二階建てなので、西出丸塀よりも高いから景観が・・・。



niten2017.2.18.JPG

2017年2月18日撮影

これでは続櫓が見えない。いや、正確にはこの角度では見えない。

ちょっと位置をかえると続櫓も見える。

でも、かなりの違和感がある、このプレハブは。



niten2017.2.23.JPG

2017年2月23日撮影

西出丸に二階建てのプレハブができ、数日経ちますが、どうも慣れない。この景観に・・・。

そんな中、今度は目の前で測定が始まりました。

何するんだろう?



niten2017.3.1.JPG

2017年3月1日撮影

夕方だったので、めちゃ寂しい光景になってしまった。

天守や宇土櫓は24時間ずっと文句ひとつ言わず建っています。

夜は真っ暗で誰もおらず、寂しくないだろうか。

もうすぐ地震から一年になるけど、まだ忘れたころに余震がある。

そんな時は不安になると思う。心細くなると思う。

でも、ちゃんと建ってる。すごいな。ほんとうに強くてすごいな。


つづく

posted by 夢子 at 10:14 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城