2017年07月22日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(6) 2017年5月〜8月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(1) 2016年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(2) 2016年11月〜2017年2月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(3) 2017年2月〜3月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(4) 2017年4月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(5) 2017年4月〜5月


つづき


niten2017.5.23.JPG

2017年5月23日撮影

中段部分の足場にもシートが被せられました。

熊本城大天守は2年後の2019年に工事が完了するように、毎日作業員の方々が工事を進めています。

私が想像していたよりも、ピッチが早く、戸惑う日々です。

一日も早く元に戻ってほしい、これは変わらないけど、どんどん変わっていく姿に心がついていないのも正直なところです。



niten2017.6.4.2.JPG

2017年6月4日撮影

大天守の最上階は解体が決まっています。

最上階の6階は、鉄骨の柱が損傷していため、解体して新しく作り直します。

5月22日から解体工事がはじまり、2週間ほどで屋根の部分は骨組みになりました。

何度も何度も登った最上階の展望フロアがなくなっていく。

この寂しさはなんともいえないものです。

復旧のためのステップとわかっていても、慣れ親しんだものがなくなるのは寂しい。



a00pl704.jpg

2017年7月31日撮影

7月半ばに完成した二の丸広場の通行路。

この通行路と一緒に大小天守閣と宇土櫓を撮ってみました。

でも、全体像を撮ればよかった。これは次回の課題にします。



ae801002.jpg


ae801003.jpg

2017年8月1日撮影

このページは2017年5月から撮影した分だけど、ここだけでも大天守の変化はすごい。

どんどん変わり・・・

変わるということは、それだけ作業が進んでいるということで。

最初、工事がはじまったときはびっくりしたり、ショックを受けたりもした。

でも、今は無事終わることをただひたすら願っている。

連日の猛暑の中、作業員の方々が事故が無いよう祈っている。

チラッと見えた黄色い物体。何かわかりないけど、これも復旧のための1ページよね。



つづく

posted by 夢子 at 16:12 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城