2017年07月22日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(3)

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(1) 2016年4月〜11月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(2) 2016年12月〜2017年1月



つづき

saten2017.4.5.JPG

2017年4月5日撮影

桜が咲きました

なんか、桜が一生懸命崩れた石垣を隠しているように見える。



saten2017.4.13.JPG


saten2017.4.13.3.JPG

2017年4月13日撮影

大天守の修復工事のため、最上階に赤い鉄骨が差しまれた。

そして、新たな鉄骨を差し込むために、今クレーンでつり上げられている。

この様子を宇土櫓はどんな気持ちで見ているのだろう。

早く、修復工事が終わりますようにって祈りながら見ているのかな。



saten2017.4.15.JPG

2017年4月15日撮影

どんよりした日ですが、工事はいつも通り行われ、この日もクレーンがよく動いていた。



saten2017.4.22.2.JPG

2017年4月22日撮影

大天守の3階にも赤い鉄骨が差し込まれていますが、この角度からはちょっと見にくい。

それはそれでいいかも。赤い鉄骨と天守閣って合わないからね。


つづく

posted by 夢子 at 17:20 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城