2017年07月22日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(4)2017年4月〜5月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(1) 2016年4月〜11月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(2) 2016年12月〜2017年1月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(3) 2017年4月


つづき

saten2017.4.29.2.JPG

2017年4月29日撮影

最上階(6階)と3階に赤い鉄骨が差し込まれ、次は足場の組み立てです。

最上階の足場、南側は組み立てが終わり、北側を組んでいるところです。

二の丸広場から天守閣まで直線で500メートルほどあると思いますが、足場がはっきり見えます。



saten2017.5.3.JPG

2017年5月3日撮影

最上階の足場が完成。

多分、完成だと思います。

工事の詳しい進み具合はわからないので、目視で判断するしかありません。



saten2017.5.8.JPG

2017年5月8日撮影

ゴールデンウィーク終了後、最上階の足場にはシートが被せられました。

少しでも工事の様子が見えるようにと、目の粗いものが選ばれたので、屋根もしっかり見えます。



saten2017.5.11.JPG

2017年5月11日撮影

青空が広がり、とてもいい天気。

天気がいいとさらによくシートが見えるような気がする。

気のせいかもしれないけどね。



saten2017.5.17.2.JPG

2017年5月17日撮影

前回の写真から6日で、たった6日で、中段の足場も完成し、さらにシートも被せられました。

ぼぉーとしていると、あっという間に修復工事がおわってしまいそう、そんな錯覚に陥ります。

2年かかるから、簡単には終わらない。でも、見える部分が日に日に変わっていくと、すぐに終わりそうな気になる。


つづく

posted by 夢子 at 17:38 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城