2017年07月24日

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月


つづき

katen2016.11.11.2.JPG


katen2016.11.11.JPG

2016年11月11日撮影

4月の大地震後も余震は続いた。でも、余震では特に被害が拡大することもなく、ホッとしている。

そんな中、11月1日から『復興城主』の受付が始まった。

一口1万円以上の寄付だが、初日から長蛇の列ができるほど、たくさんの人が寄付をした。

熊本城の復旧を熊本人だけでなく、県外や海外の人も望んでいる。

たくさんの人たちの想い、行動が、復興城主に繋がった。

嬉しい、ありがたい。きっと、天守閣もそう思っていることでしょう。



katen2016.12.15.JPG

2016年12月15日撮影

11月は加藤神社にいつ行っても参拝客や観光客でいっぱいだった。

12月半ばになり、少し静かに。



katen2016.12.17.JPG

2016年12月17日撮影

12月上旬、熊本市は熊本城復旧方針を明らかにした。

大天守にエレベーターを設置

天守閣の工事を請け負う大林組が技術提案をした。

これについては賛否両論ある。

エレベーターのない熊本城天守閣しか知らないから、エレベーター設置と言われても、正直ピンとこない。

今後のどうなるのかなぁ。

それよりも、天守閣自体はどう思っているのかな?

天守閣が意思表示できたらいいな。

そしたら、天守閣の想いを最優先するのに。



katen2016.12.23.JPG

2016年12月23日撮影

加藤神社に入れるようになり、天守は近くなった。

でも、やっぱり遠いなぁ。

地震前はいつでも天守閣に入れたのに、今は外から見るだけだもん。


つづく

posted by 夢子 at 14:57 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城