2017年07月24日

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(3) 2017年1月〜2月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月


つづき

katen2017.1.7.JPG

2017年1月7日撮影

昨年の地震で被害を受けた熊本城の大小天守閣。

今年は本格的に復旧工事がはじまります。

2年後の2019年に大天守の復旧工事は完成する予定です。

どんな風に変化し、そして元の姿になるのか、しっかり見届けたいです。



katen2017.2.15.JPG

2017年2月15日撮影

大天守は地震で鯱も屋根瓦も落ちました。

でも、しっかり建っています。

この強い天守に、やがてメスが入ります。

完全復活するために、手術が行われます。

手術前のいま、どんな気持ちだろう天守閣は。

話しがしたい。熊本城のすべてのものと話しがしたい。



katen2017.2.20.JPG

2017年2月20日撮影

なに? なに?

あのテントみたいなのは?



katen2017.2.20.2.JPG

2017年2月20日撮影

気になり、少し位置をずらし撮ってみました。

小天守の北側で何かしています。

これは何しているんだろう?

この時はわかりませんでしたが、後日報道で掘削作業をしていたと知りました。

2月から5月、天守閣周辺の地質を知るためのボーリング調査をしました。

特別史跡の熊本城は通常、掘削作業はできません。

ただ、今回は地震後の復旧工事に伴うもので特別です。

そして、この調査で、深さ7〜8メートルのところに石材があるがわかりました。

熊本城はわからないことが多く、今後も復旧工事でいろいろと発見があるかも。

それはそれでワクワクするな。



katen2017.2.27.JPG

2017年2月27日撮影

見える範囲では特に変化なし。

復旧工事前の静けさですね。


つづく

posted by 夢子 at 15:23 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城