2017年07月24日

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(5) 2017年4月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月
加藤神社から見た大小天守閣(3) 2017年1月〜2月
加藤神社から見た大小天守閣(4) 2017年3月


つづき


katen2017.4.13.JPG

2017年4月13日撮影

4月5日、加藤神社で復旧工事の安全祈願が行われました。

それから数日は城内の工事の様子もよくわからなかったけど、12日に長さ約18メートルの赤い鉄骨が大天守の展望室を貫通。

その翌日の写真です。

復旧工事がはじまるのは知っていました。

でも、どんな風にやるのか知らなかったので、赤い鉄骨が天守閣に差し込まれたのはショックでした。

こんな荒療治するとは思っていなかったのです。



katen2017.4.13.5.JPG


katen2017.4.13.3.JPG

2017年4月13日撮影

アップすると北から南に貫通しているのも、西から東に貫通しているのもよくわかります。

これをしないと次に進めないんですよね。

でも、この姿は痛々しい。


katen2017.4.13.4.JPG

2017年4月13日撮影

赤い鉄骨と鉄骨の間にはブルーの布のようなものが・・・。



katen2017.4.21.2.JPG

2017年4月21日撮影

あっという間に最上階に赤い鉄骨が差し込まれ、次は3階も鉄骨が差し込まれました。

足場を組むと聞いて、てっきり下から組んでいくと思っていたから、余計に鉄骨を差し込まれたことがショックで。

復旧に向けての通過点、だから少々痛々しくても我慢しなくちゃいけないのに、この姿になかなか慣れることができませんでした。

つづく

posted by 夢子 at 15:56 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城