2017年07月24日

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(6) 2017年4月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月
加藤神社から見た大小天守閣(3) 2017年1月〜2月
加藤神社から見た大小天守閣(4) 2017年3月
加藤神社から見た大小天守閣(5) 2017年4月


つづき

katen2017.4.22.3.JPG


katen2017.4.22.4.JPG

2017年4月22日撮影

4月12日に大天守の最上階(6階)に赤い鉄骨が差し込まれ、あっという間に3階にも鉄骨に差し込まれました。

このスピードすごい。工事のことはよくわかりませんが、やり出すと早いですね。

そして前日(4月21日)の報道で、大天守最上階が解体されることが発表されました。

最初は意味がよくわかりませんでした。

解体すると思っていなかった。

修復工事だと思っていたので、建物の構造部分は大きな被害がないと聞いていたので。

それがその後の調査で、最上階の屋根を支える鉄骨の柱の破損が判明し解体することになりました。

うぅぅぅん、仕方ないですね。

あと、大天守の出口の附櫓と小天守の一階の一部分も解体するそうです。

昭和35年に復元された天守閣の一部が、昨年の地震の影響で解体されます。

寂しい、寂しいな。



katen2017.4.23.JPG

2017年4月23日撮影


katen2017.4.25.2.JPG

2017年4月25日撮影

大天守と小天守の境目に足場が組まれました。

これは地上から組んでいるようです。



katen2017.4.26.2.JPG

2017年4月26日撮影

3階の赤い鉄骨のところに雑草が。

黒い天守閣に赤と青と緑・・・。こんな色とりどりになるとは。


つづく

posted by 夢子 at 16:14 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城