2017年07月22日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(5) 2017年6月〜7月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(1) 2016年4月〜11月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(2) 2016年12月〜2017年1月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(3) 2017年4月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(4) 2017年4月〜5月


つづき

saten2017.6.25.JPG

2017年6月25日撮影

二の丸広場から熊本城の大小天守閣、宇土櫓を眺めます。

眺めますが、その手前で何やら変化が・・・。


saten2017.6.25.4.JPG

2017年6月25日撮影

二の丸広場に造ってるものは、仮設の見学歩道です。

これが完成すると雨の日も足元を気にしないで、熊本城を堪能できる(*^^*)

というのも、二の丸広場は雨が降ると地面がべちゃべちゃになるから、靴はドロドロになるし・・・。

だから、歩道はありがたいです。



saten2017.6.25.3.JPG

2017年6月25日撮影

大天守の足場もどんどん変わってきています。

西側にさらに足場が造られています。

そして、屋根がない!

三角に尖った屋根は解体撤去されました。

足場が組み立てられるのは、まぁ仕方ないとねーと思うんだけど・・・。

屋根がないのは寂しい。

8月から新しいのが造られるようですが、昭和35年の天守に平成29年の新しい屋根がのるのよね。

ふたつの時代の組み合わせ。それが新しい天守です。

きちんと見守っていきたいと思います。


a00pl706.jpg

2017年7月31日撮影

いつもの大小天守閣と宇土櫓がひとつのかたまりになって見えるスポットのちょっと手前から撮影。

というのも、小天守の屋根瓦が撤去され、よく目立つので記録として残して置きます。



a00pl707.jpg

2017年7月31日撮影

7月半ばに完成した二の丸広場の通行路を入れてみました。

せっかくですからね。

この通行路も地震がなければ造られることはなかったはず。

地震によって、いろいろと変わってきました、熊本城も。


つづく


posted by 夢子 at 18:00 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城