2017年07月25日

【熊本城復旧記録】熊本県伝統工芸館から見た大小天守閣(1) 2016年4月〜2017年1月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


den2016.4.27.JPG

2016年4月27日撮影

熊本市中央区千葉城町にある熊本県伝統工芸館の前から熊本城の大小天守閣が見えます。

この角度から見る上げる天守もとても美しく、また凛として素晴らしい光景です。


4月14日の前震、16日の本震後、はじめて熊本城に行きました。

地震の影響で城内で入ることはできないので、周辺からしか見えませんでした。

ここから見ると少し離れているので、細かいな被害はよくわからず、そういう意味ではこのときはよかったです。

何もかも見えてしまうと、ショックが大きすぎて耐えれなかったから。

ただ、大小天守閣がしっかりと建っていたので、それだけが支えでした。


den2016.11.2.JPG

den2016.11.2.2.JPG

2016年11月2日撮影

手前の櫓は重要文化財の平櫓。

こちらは白壁が落ち、また周辺の石垣も被害を受け、少し痛々しい姿になりましたが、それでも倒れることなく建っています。

まるで、大小天守閣を守るように、どんと構えています。



den2017.1.18.JPG

2017年1月18日撮影


den2017.1.21.JPG

2017年1月21日撮影

年が明けても、ここから見る景色はほとんど変わりません。

地震前の状態で何も変わらないのがベストなんだけど、地震が起きてしまいましたからね。

大小天守閣も平櫓も傷ついています。それでもそれに耐え、これ以上はひどくならないと踏ん張っています。

強い熊本城の天守と櫓です。


つづく

posted by 夢子 at 16:14 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城