2017年07月26日

【熊本城復旧記録】北十八間櫓(5) 2017年3月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >



【熊本城復旧記録】
北十八間櫓(1) 2016年4月〜5月
北十八間櫓(2) 2016年7月〜12月
北十八間櫓(3) 2016年12月〜2017年1月
北十八間櫓(4) 2017年1月〜2月


つづき

kita2017.3.8.JPG

2017年3月8日撮影

倒壊した北十八間櫓はすべて撤去されました。

そして、踏ん張りに踏ん張っっていた五間櫓も撤去されました。

崩落した石垣も撤去されました。

何もかも撤去され、なんか寂しいな。

崩れた石垣のところには保護シート掛けられ、いよいよ応急工事も大詰めです。



kita2017.3.9.JPG

2017年3月9日撮影

石垣のブルーシートが。これは何をするんだろう?



kita2017.3.15.JPG


kita2017.3.15.2.JPG

2017年3月15日撮影

ブルーシートはモルタルを吹き付けるためでしたね。

モルタルの吹き付けも終わり、ブルーシートも外れました。

でも、白いんだけど・・・石垣が。

これ、あとでわかりましたが石垣を洗い、白くなりました。

崩れた部材、石垣を撤去し、その後写真撮影(記録を取るため)のために表面を水洗いしたそうです。

そしたら、白くなったそうです。洗浄機で洗うから汚れや苔が取れ、本来の石の色になりました。

そうそう、熊本城の石垣は黒いですが、それは汚れです。

元々は白い石。清正公のところは白い石垣に囲まれていました。

見慣れないから違和感はありますが、これも復旧への通過点ですね。

あと、北十八間櫓の案内板が残っています。

これ、いつか城内に入れるようになったら見に行きたいな。

北十八間櫓や五間櫓が戻ってくるまで、案内板には頑張ってほしい。


【北十八間櫓の崩落石垣、部材の回収作業】
工事期間  2016年12月14日〜2017年3月23日
崩落した石垣石材、倒壊した北十八間櫓の部材回収作業及び応急工事
回収した石材は約800個で、二の丸の催し広場に保管
回収した部材は西出丸に保管



つづく

posted by 夢子 at 11:50 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城