2017年07月26日

【熊本城復旧記録】東十八間櫓(2) 2016年10月〜11月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


東十八間櫓(1) 2016年4月〜9月


つづき


higashi2016.10.29.JPG


higashi2016.10.29.2.JPG

2016年10月29日撮影

東十八間櫓の部材の回収は終わりました。

次は石材ですね。

崩れた石垣の上に作業員の方々が。

調査かな?

ここは栗石ばかり。



higashi2016.11.2.2.JPG

2016年11月2日撮影

東十八間櫓の石垣の内部、まさかここが見れるとは。

石垣の中は見たくて見れないものと思っていました。

地震前はどんな風になっているんだろう?

機会があれば見てみたい。

なんて思ったこともありましたが、地震発生によって、石垣が崩落し見えるようになるとは皮肉ですね。

でも、これは本当に貴重な機会だから、この様子は絶対に忘れない。



higashi2016.11.10.JPG


higashi2016.11.10.2.JPG

2016年11月10日撮影

上のほうはすっきりしましたが、まだ下のほうは石がいっぱいです。

これは本当に大変な作業です。


つづく

posted by 夢子 at 13:54 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城