2017年07月26日

【熊本城復旧記録】東十八間櫓(6) 2017年2月〜4月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


東十八間櫓(1) 2016年4月〜9月
東十八間櫓(2) 2016年10月〜11月
東十八間櫓(3) 2016年11月〜12月
東十八間櫓(4) 2016年12月〜2017年1月
東十八間櫓(5) 2017年1月〜2月


つづき


higashi2017.2.18.JPG

2017年2月18日撮影

東十八間櫓の応急工事が終わり、熊本大神宮に入れるようになりました(^○^)

よかった、本当によかった。

地震前、ここから見る景色好きでした。

スマートでかっこいい東十八間櫓と熊本大神宮の鳥居がうまくマッチしていたんです。

それが今はまったく変わってしまったけど、それでも大神宮にお参りできるようになり、本当によかったです。


higashi2017.3.8.2.JPG

2017年3月8日撮影

熊本大神宮の社務所は東十八間櫓が倒壊、崩落し壊れてしまいましたが、拝殿はなんともなく。

よかった。これは神様の御加護ですね。ありがたいことです。



higashi2017.3.8.JPG

2017年3月8日撮影

東十八間櫓のほうは規制線がありますが、間近で見ることができます。

今後、復旧工事が終わらないと元に戻りません。

そこまでの道のりは長いことでしょう。

しばらくこの光景のままとなると思いますが、それでも一歩も二歩も前進です。



higashi2017.4.12.JPG

2017年4月12日撮影

桜がきれいです。

まさか境内から城内の桜が見れるとは。

昨年までは東十八間櫓があったので、ここから城内の桜は見えませんでした。

こんな形での再会に、びっくりするやら、嬉しいやら。


higashi2017.4.7.JPG

2017年4月12日撮影

ちょっと横に目を向けると、こちらにも桜が。

白いシートと桜のコラボ。これも昨年では考えられないこと。

今年は何もかもが違います。


つづく

posted by 夢子 at 15:03 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城