2017年07月27日

【熊本城復旧記録】市役所14階展望ロビーから見た天守閣(5) 2017年6月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(1) 2016年5月〜8月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(2) 2016年9月〜2017年1月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(3) 2017年4月〜5月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(4) 2017年5月〜6月


つづき


shiya2017.6.6.2.JPG

2017年6月6日撮影

市役所14階展望ロビーから見える大天守は南東の面。

加藤神社から見える大天守は西の面。

西の面はまだこの時点で上2段足場が組まれていますが、市役所から見える南東の面にはさらにその下にも足場が・・・。

加藤神社から見た大小天守閣(10) 2017年5月〜6月

大きな天守なので、見る角度によって工事の進み具合が全然違いますね。


shiya2017.6.9.3.JPG

2017年6月9日撮影

足場を組み、さらにシートに覆われていますが、透過性の高いシートなので全体像は見えます。

これは本当にありがたいです。

そして、お天気がいいほうが中の様子がよくわかります。



shiya2017.6.15.JPG

2017年6月15日撮影


shiya2017.6.15.2.JPG

2017年6月15日撮影
最上階の解体が進み、屋根も残りわずかになりました。

そして足場が少し低くなりました。

6月9日と比べると最上階の足場が半分のほどの高さに。

これ、市役所からだとよくわかりますが、加藤神社からだと下から見上げる形になるのでいまいちわかりにくいです。

加藤神社から見た大小天守閣(11) 2017年6月

熊本城の天守は見る場所によって表情が違います。

それが熊本城の良さです。

これが今回の工事でもよくわかりました。

見る場所によって、工事の進行具合、工事の様子の見え方が違い。

これだから、熊本城に魅せられるととりこになるんですよね。



shiya2017.6.23.3.JPG

2017年6月23日撮影

あぁ、最上階もだんだん少なくなっていきます。

解体進んでいるので、屋根の三角部分もなくなり、足場も低くなり・・・。

解体が終わると、再構築が始まります。

そうなるとまた足場も徐々に高くなるのかな。


つづく

posted by 夢子 at 09:17 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城