2017年07月29日

【熊本城復旧記録】城彩苑、慶宅坂から見た飯田丸五階櫓(1) 2016年4月〜2017年2月

トップ > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


熊本城 桜の馬場にある城彩苑のテラスや慶宅坂から見た飯田丸五階櫓の記録です。

2016年4月16日の熊本大地震(本震)で、飯田丸五階櫓の石垣崩れ、隅石が一本になり、櫓を支えました。



iidashiro2016.4.29.JPG

2016年4月29日撮影

城彩苑から熊本城・未申櫓に向かう2階テラスから撮影した一枚です。

ここからは飯田丸五階櫓の西側しか見えないので、奇跡の一本石垣は見えません。

だから、この写真からは地震の被害状況はまったくわかりません。



a2016.11.11.jpg

2016年11月11日撮影

慶宅坂から見た飯田丸五階櫓です。

秋になり、葉っぱの色が赤や黄色に変わろうとしている時です。



a2017.2.27.jpg

2017年2月27日撮影

真冬になり、葉っぱも落ち、飯田丸五階櫓がよーく見えます。

地震で隅石一本なり、とても有名になりました。

その後、そのままでは櫓が倒壊してしまう可能性もあるので、応急工事が行われ、緑の腕に支えられました。

この緑の腕も今年の夏には撤去されます。

そして、その後飯田丸五階櫓も撤去されます。

ここからの景色、今年はさらに変わりそうです。

つづく

posted by 夢子 at 18:09 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城