2017年07月29日

【熊本城復旧記録】城彩苑、慶宅坂から見た飯田丸五階櫓(2) 2017年3月〜4月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >



【熊本城復旧記録】
城彩苑、慶宅坂から見た飯田丸五階櫓(1) 2016年4月〜2017年2月


つづき


a2017.3.26.0.jpg

2017年3月26日撮影

行幸坂から見た飯田丸五階櫓です。

2016年4月の熊本大地震後、行幸坂は通行止めになりました。

桜の開花の時期だけ特別に公開されました。

ありがたいですね。

そして、今年の開花は遅れので、飯田丸五階櫓がよーく見えました。

ニュースや新聞では何度も見てきました。

市役所14階展望ロビーや城見櫓さんからも見ました。

でも、自分の目でこんなに近くで見えれるのは地震後はじめです。



a2017.3.26.1.jpg

2017年3月26日撮影

飯田丸五階櫓は二段の石垣の上に建っているのでとても高いです。

この高さ、そして石垣の崩れ、本当によく櫓がもったと思います。

それは隅石のおかげ。よく頑張りました。

備前掘の石垣も崩れ、ここらへんは本当に被害が大きい。

それを地震が起き、1年後にやっと見ることができた。

これから復旧に向けて、変化していきます。

熊本城は築城から400年、被災と修復の繰り返しです。

今回も長い歴史のひとつの被災、だからここからは修復あるのみ。


a2017.3.26.2.jpg

2017年3月26日撮影



a2017.3.26.3.jpg

2017年3月26日撮影



a2017.4.2.jpg

2017年4月2日撮影

開花が遅れ、翌週も行幸坂を一般公開。

おかげで、その分また飯田丸五階櫓を見ることができました。

飯田丸五階櫓も石垣も本当によく頑張っているので、近くでいっぱいエール送りました。


つづく

posted by 夢子 at 18:12 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城