2017年07月30日

【熊本城復旧記録】宮内橋石垣(1)  2016年4月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


二の丸西口、住江門と護国神社を結ぶ宮内橋のところの石垣の記録。


cv2016.4.30.jpg

2016年4月30日撮影

地震後、この宮内橋の石垣と百間石垣、二の丸御門の石垣が崩れ、石材が市道を塞ぎ通ることができませんでした。

そして、宮内橋も通れませんでした。

この日は護国神社のほうから写真を撮りました。

上部から見事なぐらい崩れています。

そして中の栗石も崩れています。

これはショックでしたね。



a2016.8.1.jpg

2016年8月1日撮影

市道を塞いでいた石材の撤去、崩れた石垣の応急工事が終わり、この日から通れるようになりました。

YMCAから宮内橋、三の丸駐車場、そして百間石垣へと歩きました。

この写真は市道が通れるようになりましたが、護国神社側の宮内橋から撮ったものです。

崩れた石垣をどんな風に応急工事をするのか、まったく知らなかったので、この様子をまじまじ見ました。



a2016.11.11.jpg

2016年11月11日撮影

大きな変化はありませんが、雑草が少しずつ少しずつ成長しています。

でも、この市道が通れるようになり、熊本城に行くのが便利になり、本当に助かりました。


つづく

posted by 夢子 at 16:11 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城