2017年08月02日

【熊本城復旧記録】未申櫓(ひつじさるやぐら)(4) 2017年8月〜2018年3月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


未申櫓(ひつじさるやぐら)(1) 2016年4月〜11月
未申櫓(ひつじさるやぐら)(2) 2016年12月〜2017年1月
未申櫓(ひつじさるやぐら)(3) 2017年4月


つづき


ae801038.jpg

2017年8月1日撮影


ae801039.jpg

2017年8月1日撮影

今回はいつもと違うアングルです。

加藤神社前から撮った写真です。

ここは宇土櫓があり、普通は宇土櫓に目が行くのですが、私はここから見える未申櫓も好きです。

今は工事の関係で光景が変わってしまったけど、以前はここから西大手櫓門、未申櫓、南大手櫓門が見えました。

縄張の上手いところで、いつもひとりでニンマリしていた。これだけ完璧な縄張りなら敵はどこからも入れないなっていつも思っていた。

宇土櫓の中だからもっとよく見えるんだよね。。。 元に戻ったら、宇土櫓の中に入れるようになったら、じっくり見たいな。



as2017.12.1.203.jpg

2017年12月1日撮影

慶宅坂からの一枚。

雲一つない青空に、未申櫓がドンと構えている。

下見板の黒漆がとれ、板本来の地色が出てきた。

早く真っ黒にして! と思うが、今は復旧の真っ最中、ここまで手は回らないよね。




as2018.1.24.107.jpg

2018年1月24日撮影

青空が広がっていまーす。

こんなときの一枚はいいね。

より一層、未申櫓が美しくみえる。




as2018.3.22.101.jpg

2018年3月22日撮影

未申櫓の石垣の前の桜が満開。

熊本城の石垣と桜って合うのよね。

桜並木もいいんだけど、ここのこの1本も本当にきれいで、桜が満開になると、ここはビュースポットになります。



つづく

posted by 夢子 at 11:13 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城