2017年08月05日

【熊本城復旧記録】市役所14階展望ロビーから見た天守閣(6) 2017年8月〜2018年1月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(1) 2016年5月〜8月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(2) 2016年9月〜2017年1月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(3) 2017年4月〜5月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(4) 2017年5月〜6月
市役所14階展望ロビーから見た天守閣(5) 2017年6月


つづき


20170803a13.jpg

2017年8月3日撮影

7月1日、熊本城大天守の最上階解体が完了し、『四角いお城』になった。

これも熊本城の長い歴史の1ページになろう。

何十年後、何百年後、後世の人たちが、

『2016年4月の熊本大地震で熊本城は被災しました。復旧過程で"四角いお城"になった時期がありました。』

なんて話しをするかもしれない。

この貴重な四角いお城を自分の目見たこと、この体験は私の宝にしよう。

今月8月からは再建工事がスタートします、新生最上階は来年の夏頃完成とのこと。

徐々に出来上がる過程をしっかり見たいと思う。



a0823016.jpg

2017年8月23日撮影

四角いお城はほんの一瞬でした。もう大天守の屋根の枠組みが出来つつあります。

このスピード感すごい

復旧に向けて日々作業員の方々が頑張っています。

新聞に作業員の方のコメントが載っていて、『熊本城の復旧工事に携われるのは誇りです』と書いてありました。こんな風に想い作業をしてもらえる、熊本城って幸せですね。



a2017.9.21.01.jpg

2017年9月21日撮影

大天守の屋根が白くなっている

このページ、変化がすごい。

これは貴重だね。

8月3日、大天守最上階が解体され四角いお城になり、その20日後には屋根の枠組みができ、そしてその1か月後には屋根本体が出来つつあり白くなり・・・。

これらを全部自分の目で確かめることができて本当にうれしい。ありがたい体験です。



as2017.11.15.105.jpg

2017年11月15日撮影

11月2〜3日にかけて、大天守の屋根に白いテントが設置されました。

今後、屋根瓦をのせるにあたり、瓦のすき間をしっくいで埋めます。

しっくいが雨に濡れるのを防ぐために、白いテントを設置しました。

この日はお天気がとてもよく、白いテントが青空の中輝いていました。




as2018.1.19.106.jpg

2018年1月19日撮影

前回の撮影から2か月たっていますが、市役所14階展望ロビーから見る限りでは大きな変化はありません。


1月16日の熊日に、

2019年秋 大天守外観復旧予定
2021年春 大小天守の内装工事と展示を終え、立ち入れできる予定


と掲載されていました。順調にいけば3年後には天守閣に入れるようになります。

それまでどんどん変化するんだろうな。まずはこの春に白いテントが外される。それを楽しみに待っていよう。




つづく

posted by 夢子 at 08:43 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城