2017年08月05日

【熊本城復旧記録】市役所14階展望ロビーから見た飯田丸五階櫓(4) 2017年8月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
市役所14階展望ロビーから見た飯田丸五階櫓(1) 2016年5月〜8月
市役所14階展望ロビーから見た飯田丸五階櫓(2) 2016年9月〜2017年5月
市役所14階展望ロビーから見た飯田丸五階櫓(3) 2017年6月〜


つづき


20170803a15.jpg

2017年8月3日撮影

先日、赤の受構台が設置され、市役所に行って飯田丸五階櫓を見た。

でも、夕方で西日が強く、まともに写真も撮れず。

今回は8時半に行ってきました。早い時間だったので、見学者も少なくゆっくりじっくり見てきました。

飯田丸五階櫓は平成17年(2005年)に復元された。

それから11年後の2016年熊本地震で、石垣は崩れ、隅石一本で櫓を支え、その頑張りで一躍有名になった。

地震前はそれほど注目されることなく、櫓の見学者も天守や本丸御殿に比べたら少ないものだった。

それが地震で、隅石一本になり、全国ニュースでもたびたび取り上げられ、たくさんの人から注目されるようになった。

飯田丸五階櫓や隅石はその変化をどう思っただろう。

いや、あちこち傷つきそれどころではなかったかな。

1年前、緑の腕(仮受構台)ができ、櫓を抱きかかえるようにして支えてくれた。

それから1年、今度は地面から支える赤い受構台ができ、櫓を支えるようになった。

緑から赤へバトンタッチ。これにより、今月中旬から緑の腕は解体される。

9月中にはすべて撤去されるとのこと。ここからもうすぐ緑の腕がなくなる。

この一年間ずっと飯田丸五階櫓を支えてくれた感謝の気持ちを伝えながら、無事解体、撤去作業が終わるのを見続けたい。


つづく

posted by 夢子 at 09:08 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城