2017年08月11日

【熊本城復旧記録】戌亥櫓(いぬいやぐら)(6) 2017年8月〜2018年3月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
戌亥櫓(いぬいやぐら)(1) 2016年4月
戌亥櫓(いぬいやぐら)(2) 2016年7月〜12月
戌亥櫓(いぬいやぐら)(3) 2016年12月〜2017年4月
戌亥櫓(いぬいやぐら)(4) 2017年5月
戌亥櫓(いぬいやぐら)(5) 2017年7月〜8月


つづき


20170807a33.jpg


20170807a34.jpg

2017年8月7日撮影

台風5号、熊本は上陸しませんでしたが、風も強かったので、心配していたのが戌亥櫓の外れた下見板です。

下見板はちゃんとありましたが、以前と比べると位置というか向きが変わっていました。


canvas0725.jpg

2017年7月24日撮影

この時と比べると違うのがよくわかります。

でも、このまま放置するのはよくないと思うから、下見板の回収してほしいな。



as2017.10.7.102.jpg

2017年10月7日撮影

空堀まで下りて、戌亥櫓を見学人がたくさん

2017年8月1日、空堀から見る戌亥櫓

空堀まで下りれるようになり早2か月。

たくさんの人が間近で戌亥櫓の一本石垣を見ています。




asDSC_0518.jpg


2018年3月27日撮影

戌亥櫓横の石垣の桜が満開です。

崩れた石垣は地震が起きた時のまま、でも桜は季節が来ると咲きます。

きっと、複雑な気持ちだと思う。以前はこの石垣の上に2本の桜の木があった。

それが地震で石垣が崩れ、1本の桜は崩れ落ちてしまい、今はこの1本しか残っていない。

崩れ落ちた桜の分まで、きれいに大きく咲きました。ありがとう。




つづく

posted by 夢子 at 08:41 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城