2017年08月13日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(7) 2017年8月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(1) 2016年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(2) 2016年11月〜2017年2月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(3) 2017年2月〜3月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(4) 2017年4月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(5) 2017年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(一列に並んだ姿)(6) 2017年5月〜8月


つづき

20170812a6.jpg

2017年8月12日撮影

前回から変化はないようです。遠くから見ているので細かい変化は見えないですが・・・。

ただ、お盆休みに入り、クレーン車がなくなりました。お休み中はクレーン車も休養のため見えません。ゆっくり休んでほしいですね。

手前の葉っぱがどんどん伸び、西出丸塀の石落としがもう少しで隠れそうです。

石落としといえば、かつては『武者返し』『塵落とし』と呼ばれることも。

石落としって、名前からすると、そこから石を落して敵を撃退する装置と思いますよね。

江戸時代の戦を知らない学者によって書かれた軍学書にもそう書かれています。

でも、石落としって20〜30メートル間隔で造らています。石落としの下から登って来る敵兵には石を落せますが、それ以外のところから侵入してくる敵には通用しません。

石落としは鉄砲を下に向けて撃つ狭間です。石落としがないところから登って来る敵兵にも斜めに射撃すれば討ち取ることができます。








    
  城 用 語
    

山城 やまじろ
山の地形をそのまま活用し、山肌に築かれた城。
南北期の争乱期、籠城用として山に城が築かれるようになった。
室町時代になると居城として築かれ、戦国時代になると大規模となる。
岐阜城、安土城、岩村城、高取城、備中松山城などが有名。



posted by 夢子 at 18:02 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城