2017年08月25日

【熊本城復旧記録】北十八間櫓(7) 2017年8月〜9月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >



【熊本城復旧記録】
北十八間櫓(1) 2016年4月〜5月
北十八間櫓(2) 2016年7月〜12月
北十八間櫓(3) 2016年12月〜2017年1月
北十八間櫓(4) 2017年1月〜2月
北十八間櫓(5) 2017年3月
北十八間櫓(6) 2017年4月



a0823012.jpg

2017年8月23日撮影

雑草がない

前回(2017年7月28日)は石垣に雑草が生えていたけど、刈ってもらえたみたい。よかったぁー。

熊本城の美しい石垣には雑草は似合いませんからね。

でも、ネットがあるからやりにくいかっただろうな。

作業員のみなさん、ありがとうございました。

そして、写真手前に作業員の方がいますが、ここの木を切ったようです。

なぜかわからないけど・・・。でも、これで北十八間櫓の石垣がみやすくなりました。


dc2017.9.30.105.jpg


dc2017.9.30.106.jpg

2017年9月30日撮影

10月1日から、北十八間櫓下も観覧区域が拡大されます。

遊歩道の一部が歩けるようになります。

この空間好きだから嬉しい

地震前、城内に入る前によくここでのんびりしながら、癒しの時間を過ごしていた。

北十八間櫓の石垣を見ながら、ボーとするのが好きだった。

やっと、ここの中に入れるようになる。地震前とは雰囲気は違うけど、それでもうれしい。


dc2017.9.30.103.jpg


dc2017.9.30.107.jpg

この2ヶ所から遊歩道に入れます。

こういう形で北十八間櫓下に行くなんて、地震前は想像もしたことがなかったけど、これも歴史の1ページ。

この貴重な体験を大切にしたいと思います。


つづく

    
  城 用 語
    

平山城  ひらやまじろ
山城ほど険しくない山や、なだらかな丘陵地に築かれた城で、山地と平地、両方の地形を利用した城。
山城は戦闘面では強いが、領国支配を行う政庁、また居住性という点では不便。
そこで戦国期になると、丘陵の上部を利用して平山城が築かれるようになった。
熊本城、仙台城、安土城、彦根城、姫路城などが有名。


posted by 夢子 at 16:28 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城