2017年09月11日

【熊本城復旧記録】242メートルの長塀(11) 2017年9月〜11月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
242メートルの長塀(1) 2016年4月
242メートルの長塀(2) 2016年5月
242メートルの長塀(3) 2016年8月〜11月
242メートルの長塀(4) 2016年12月
242メートルの長塀(5) 2016年12月
242メートルの長塀(6) 2017年1月
242メートルの長塀(7) 2017年1月
242メートルの長塀(8) 2017年3 月
242メートルの長塀(9) 2017年4月
242メートルの長塀(10) 2017年4月〜5月


つづき


a20170909104.jpg


a20170909105.jpg

2017年9月9日撮影

熊本城の新しい案内板ができました。

長塀の案内板は地震前と地震後の写真が載っており、これを見ると移り変わりがよくわかります。

多分、はじめて長塀を見る人はここに242メートルの長い塀があったなんてわからないからね。

この案内板はいいよ



a20170909132.jpg

2017年9月9日撮影

長塀から見た飯田丸五階櫓。

最近、葉っぱが落ち始めたから飯田丸五階櫓を支えている赤い鉄骨が見えるようになりました。

緑の鉄骨から赤い鉄骨にバトンタッチし、ここからまた復旧に向けて進んでいきます。



as2017.11.28.202.jpg

2017年11月28日撮影

長塀のところに棒が立ち、ひもが張られている。

これはきっと発掘調査の関係だと思う。

ただいま長塀の石垣の発掘調査中。(2017年11月6日から2018年1月31日発掘調査)

本格的な発掘調査ははじめてとのこと。

地震で長塀も被害を受け、解体された。

だから、発掘調査ができる。今までわからなかったことが判明するだろうから調査結果が楽しみ。


as2017.11.28.205.jpg

2017年11月28日撮影

長塀から見た飯田丸五階櫓。

足場が組まれ、櫓がほとんど見えなくなった。

しばらくは足場越しにかすかに見える櫓と会話だね(笑)



つづく




    
  城 用 語
    

島城  しまじろ

島そのものや、島同然の半島を城地としている城。

村上水軍の来島城(くるしまじょう)、能島城(のじまじょう)が有名。

posted by 夢子 at 16:57 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城