2018年04月19日

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(17) 2018年1月〜4月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月
加藤神社から見た大小天守閣(3) 2017年1月〜2月
加藤神社から見た大小天守閣(4) 2017年3月
加藤神社から見た大小天守閣(5) 2017年4月
加藤神社から見た大小天守閣(6) 2017年4月
加藤神社から見た大小天守閣(7) 2017年4月〜5月
加藤神社から見た大小天守閣(8) 2017年5月
加藤神社から見た大小天守閣(9) 2017年5月
加藤神社から見た大小天守閣(10) 2017年5月〜6月
加藤神社から見た大小天守閣(11) 2017年6月
加藤神社から見た大小天守閣(12) 2017年6月
加藤神社から見た大小天守閣(13) 2017年7月
加藤神社から見た大小天守閣(14) 2017年8月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(15) 2017年9月〜11月
加藤神社から見た大小天守閣(16) 2017年11月〜2018年1月


つづき



as2018.1.24.106.jpg

2018年1月24日撮影

久々に晴天の中での撮影。

ちょくちょく熊本城に行っているんだけど、最近はなかなか青空が広がらなくて・・・。

たとえ工事中でも、熊本城の天守閣は青空が似合う。





as2018.2.14.105.jpg

2018年2月14日撮影


as2018.2.14.106.jpg

2018年2月14日撮影

【番外編】

新しいしゃちほこ。

大天守と小天守のしゃちほこが完成し、昨年の8月30日から湧々座で展示。

いよいよ大天守のしゃちほこも屋根の上に乗る日が近づいてきました。

その前に、実際に触れるチャンスを作ってもらえ、触ってきましたぁ。これは貴重な体験です。

屋根に乗ったら、絶対に触れないから、何度も何度も触りました。



大天守しゃちほこ  高さ1,187mm×幅450 mm×奥行660 mm、重さ100kg

小天守しゃちほこ  高さ882mm×幅390 mm×奥行600 mm、重さ70kg





as2018.3.19.104.jpg

2018年3月19日撮影

加藤神社の醍醐の桜、満開近し。

淡いピンクがとてもきれいです。

天守が復旧工事が終わり、黒いお城が蘇ったら、醍醐の桜とのコラボ楽しみ。

一枚の絵になるでしょうね。




as2018.4.17.102.jpg

2018年4月17日撮影

小天守さらに解体が進んでいます。

1階部分の下のほうがなくなっている。

それにより、さらに内部がスカスカ状態に。

今後、どんな風に新しい1階が造られるのかわからないけど、その時はまた足場で囲まれると思う。

解体のための足場は見てきた、そして今後再建のための足場を見ることになると思う。

ひとつひとつ見える景色を大切にしたい。



つづく

posted by 夢子 at 16:39 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城