2018年04月30日

【熊本城復旧記録】千葉城町から見た天守閣(3) 2018年4月〜10月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


千葉城町から見た天守閣(1) 2017年4月〜5月
千葉城町から見た天守閣(2) 2017年5月〜9月




つづき



as2018.4.12.103.jpg


as2018.4.12.106.jpg

as2018.4.12.202.jpg

2018年4月12日撮影

千葉城公園、その一帯のつつじが満開です。

今回は熊本城よりもつつじがメイン。こんな時もあっていいよね。

これから20年と長い年月をかけて修復工事が行われる熊本城。

だからこそ、四季折々の風景もちゃんと残して置きたい。





as2018.5.30.104.jpg

2018年5月30日撮影

大天守上部の足場が外されました。新しい屋根、しゃちほこがはっきり見えます。

約1年間、足場で見えなかった。久しぶりに屋根やしゃちほこを見ることができ本当に嬉しい。

復旧工事が進み、今後どんどん足場が外されていくと思う。今はそれが楽しみ。

大天守が元に戻っても、手前の東十八間櫓はまだ当分復旧工事は行なわれない。順番に工事が進められるから仕方ないことだけど、きっと複雑に気持ちになるだろうな。





DSC_0456-46ea9.jpg

2018年10月24日撮影

4月、最上階まで足場がありました。翌5月は最上階の足場は外されました。

そして秋になり千葉城町からは足場がほとんど見えなくなりました。

半年間の変化、すごいなー。




つづく

posted by 夢子 at 10:08 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城