2018年04月30日

【熊本城復旧記録】二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(7) 2018年4月〜10月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(1) 2016年4月〜11月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(2) 2016年12月〜2017年1月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(3) 2017年4月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(4) 2017年4月〜5月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(5) 2017年6月〜7月
二の丸広場から見た大小天守閣、宇土櫓(三つの建物がひとつになった姿)(6) 2017年8月〜12月


つづき


as2018.4.28.203.jpg

2018年4月28日撮影

写真ではわかりにくいですが、大天守の上にしゃちほこが載っています。

2年前の熊本地震でしゃちほこが落ちました。

最上階の修復が終わり、4月7日に東側のしゃちほこが載り、そして今日28日に西側のしゃちほこが載り、天守の守り神であるしゃちほこ2体が揃いました。

二の丸広場でしゃちほこが載る瞬間を見て、その後戌亥櫓空堀、加藤神社としゃちほこに近づいていき、そして再び二の丸広場に戻り、ここから写真を撮りました。

2018年4月28日、復活!しゃちほこまつり

記念すべき日です。その瞬間を熊本城に居ることができて本当にラッキーでした。




az2018.5.4.307.jpg


2018年5月4日撮影

ゴールデンウィークはたくさんの観光客が熊本城へ。

連日本当にたくさんの人で賑わっていました。

ここからも皆さん写真をいっぱい撮っていました。

普段、あまり人物は入れないに写真を撮るんだけど、この日は次から次へと人が来るので・・・





as2018.5.5.208.jpg

2018年5月5日撮影

3月に設置されたプランターと一緒に撮ってみました。

天守と宇土櫓を大きく撮りたいから、なかなかプランターまで一緒に入ることはなく、やっと今回入れることができました。





as32018.5.25.106.jpg

2018年5月25日撮影

大天守の上部の足場が外れました。

真新しい屋根がよく見えます。白漆喰で屋根全体が白く見えます。

これは時間の経過で、白漆喰が白じゃなくなるから、今この白い状態をしっかり見ておかなくてはね。

そして、最上階の窓に差し込まれていた赤い鉄骨が取られ、窓から向こうの空が見えます。これはすごい、本当にすごい。

地震前もここからよく天守を眺めていたけど、いつも観光客がたくさんいて、窓から向こうの空が見えることはなかったから初体験。

今後、窓の工事が進めば、また違う光景を見ることになると思う。だから、この瞬間を大切にしたい。




DSC_0476.jpg

2018年10月31日撮影

ここからの撮影、なんと5か月ぶり(^^;;

いつも通っているから、そのたびに見ているから、

写真を撮ったような気になっていた。

小天守最上階が解体されているのに、やっと撮影とは・・・。

いつも通るところはもう少し気をつけないといけないなー。

見た=撮影ではないので。当たり前だけど。



つづく

posted by 夢子 at 11:02 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城