2018年06月18日

【熊本城復旧記録】加藤神社から見た大小天守閣(19) 2018年6月〜8月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
加藤神社から見た大小天守閣(1) 2016年7月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(2) 2016年11月〜12月
加藤神社から見た大小天守閣(3) 2017年1月〜2月
加藤神社から見た大小天守閣(4) 2017年3月
加藤神社から見た大小天守閣(5) 2017年4月
加藤神社から見た大小天守閣(6) 2017年4月
加藤神社から見た大小天守閣(7) 2017年4月〜5月
加藤神社から見た大小天守閣(8) 2017年5月
加藤神社から見た大小天守閣(9) 2017年5月
加藤神社から見た大小天守閣(10) 2017年5月〜6月
加藤神社から見た大小天守閣(11) 2017年6月
加藤神社から見た大小天守閣(12) 2017年6月
加藤神社から見た大小天守閣(13) 2017年7月
加藤神社から見た大小天守閣(14) 2017年8月〜9月
加藤神社から見た大小天守閣(15) 2017年9月〜11月
加藤神社から見た大小天守閣(16) 2017年11月〜2018年1月
加藤神社から見た大小天守閣(17) 2018年1月〜4月
加藤神社から見た大小天守閣(18) 2018年4月〜5月



つづき


d2018.6.13.205.jpg

2018年6月13日撮影

小天守の石垣の足場が少し撤去され、残っている石垣がはっきり見えるようになりました。

山のように曲線を描くように石垣が残されています。

これ貴重でしょうね。興味ない人には興味ないだろうけど・・・。

でも、かなり解体され、ここまで外されるとは思っていなかった。それだけ被害がひどかったわけで、本当によく耐えたと思います。




DSC_0394.JPG

2018年8月26日撮影

2か月以上更新が滞ってしまいました(^^;;

大天守、2か月前と変わっています。上部の足場がかなり外されました。そのおかげでよく見えるようになりました。

新しい唐破風、美しいです。

小天守は窓のガラスが外されました。窓枠が残っているだけです。




DSC_0400.JPG


2018年8月30日撮影

大天守の3層目の足場がすべて取り外されました。

3層目(4〜6階)の外観の復旧作業が完了し、足場がなくなり、新品ぴかぴかの美しい大天守が輝いています。

真っ白なしっくい、真っ黒な下見板。白と黒のコラボが光っています。


小天守は最上階を解体するために、赤い鉄骨が差し込まれました。これは足場の土台になります。


新しくなった大天守、これから解体し復旧作業が行われる小天守。新旧の大小天守をこうういう形で拝めるとは思っていなかった。




DSC_0402.JPG

2018年8月30日撮影


DSC_0401.JPG

2018年8月30日撮影

ハスと大小天守。

このハスは肥後絞りという品種です。

加藤清正公が朝鮮半島から持ち帰り、その後、熊本では絶滅したと思われていましたが、このたび復活。

復活した肥後絞りが加藤神社に奉納されました。

清正公、喜んでいるでしょうね。大天守の3層目が新しくなり、そしてそれを見守るように肥後絞りが咲き・・・。



つづく



posted by 夢子 at 10:01 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城