2018年06月21日

【熊本城復旧記録】西大手門前(9) 2018年6月〜8月

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
西大手門前(1) 2016年4月〜7月
西大手門前(2) 2016年11月〜2017年4月
西大手門前(3) 2017年4月〜8月
西大手門前(4) 2017年8月〜9月
西大手門前(5) 2017年10月
西大手門前(6) 2017年10月
西大手門前(7) 2017年10月〜2018年3月
西大手門前(8) 2018年3月〜4月



つづき


a2018.6.21.104.jpg

2018年6月21日撮影

このところ、時々地震があった。震度1とか2だけど、2016年の地震で傷ついた熊本城へのダメージが心配だった。

西大手櫓門、元太鼓櫓の規制線も少し下げられた。はっきりわからないが、元太鼓櫓の一部に白いシートが掛けられたので、多分何らかの影響があったのだろう。

そこにきて、19日からの大雨。熊本城は大丈夫かな、櫓は石垣は崩れないかな・・・ 心配で仕方なかった。

その心配が的中してしまった。悲しいな。




a2018.6.21.108.jpg

2018年6月21日撮影

元太鼓櫓が倒壊してしまった。


6月20日15時半ごろまでは異常なし。

17時ごろ、巡回中の警備員が倒壊しているのを見つけた

熊本城総合事務所によると、

「地震による傾きや土壁のひび割れがあり、雨が染み込んだことで重みが増し、倒壊したのではないか」とのこと。(熊日より)



地震で傷ついて、傷ついて、ボロボロになった熊本城。

これからは復旧にむけて、進むのみと思っていた。

でも、甘くないね。自然の脅威はボロボロの熊本城にも容赦ない。

規制線のおかげで、観光客や見物客にケガはなかった。関係者も大丈夫でした。それがせめてもの救いです。




t12018.6.21.605.jpg

2018年6月21日撮影

朝に続き、午後も元太鼓櫓を見に行きました。

規制線・・・  少し前まではもっと先まで行くことができた。

ちょっと前の地震で、元太鼓櫓の傾きが大きくなり、規制線が下げられた。

そのときから心配が募っていた。このままで大丈夫なのかな? この先どうなるんだろう? 解体はいつ? そんなことがいつも頭の中でぐるぐる回っていた。

そして最悪の結果になってしまった。今回の大雨で倒壊してしまった。



t32018.6.21.606.jpg

2018年6月21日撮影

私は一市民だから、いつも見ることしかできない。

でも、地震で大きな被害を受け、辛い思いをしている櫓を、きつい思いをしている櫓を助けてあげれなかった。ごめんね。何もできなくて。




t72018.6.21.601.jpg

2018年6月21日撮影

西大手櫓門、今、この櫓も隅石で支えている。

いつまで、この状態が続くのだろう。元太鼓櫓のようにならないように、一日も早く解体してほしい。





DSC_0387.JPG

2018年8月26日撮影



DSC_0388.JPG

2018年8月26日撮影


元太鼓櫓が倒壊して、2か月ちょっと経ちました。

まだ、倒れた時のままです。

もともと、今年の8月から元太鼓櫓は解体する予定でしたが、今現在進んでいるようにはみえません。

倒壊で、当初の予定がかわったのかな。

できるだけ早く、解体してほしいな。このままではあまりにも痛すぎる。早く楽にさせてあげたい。休ませてあげたい。



つづく
【熊本城復旧記録】西大手門前(10) 2018年9月


posted by 夢子 at 09:16 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城