2018年10月22日

【熊本城復旧記録】KKRホテルから見た大小天守閣(4) 2018年10月〜

トップ > 熊本城 〜地震から復旧の道のり〜 >


【熊本城復旧記録】
KKRホテルから見た大小天守閣(1) 2016年4月
KKRホテルから見た大小天守閣(2) 2017年2月〜4月
KKRホテルから見た大小天守閣(3) 2017年5月〜2018年5月


つづき



DSC_0450.JPG

2018年10月21日撮影

KKRホテル前の歩道からの一枚です。

小天守の最上階が解体されました。その後ろには新しくなった大天守の最上階が。

これから小天守も大天守のように生まれ変わります。




DSC_0458.JPG

2018年10月21日撮影

KKRホテルの敷地の中からの一枚。

ホテル内の敷地から撮るとより大天守が見えます。

今は真新しいので、屋根の白漆喰も、黒の下見板もとてもきれいピカピカです。




DSC_0051.jpg

2018年11月26日撮影

KKRホテルのまつりさんでランチをしたので、お庭から写真を撮らせてもらいました。

大天守は順調に工事が進み、外観がかなり出来上がっています。

反対に小天守はこれから。最上階をはじめ、1階や石垣も解体され、今は小天守とは別の建物のよう。でも、ここもこれからどんどんよくなるから楽しみです。




DSC_0052.jpg

2018年11月26日撮影

平櫓の下から構台が高くのびています。

どんな形で平櫓の解体をするのかわからないけど、

監物台櫓や西大手櫓門の足場と違い、ここは構台が作られています。

被害状況によって、ベストな方法で工事が行われるので、ここもしっかり見ておかなくてはね。



つづく


posted by 夢子 at 10:44 | 2016年熊本地震後の復旧熊本城
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。