2016年05月03日

【熊本県の城】2015年3月、本丸御殿 大御台所2階、本丸御膳

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

本丸御殿の大御台所1階は誰でも入ることができます。

でも、2階は予約した人しか入れません。というのもここでは本丸御膳が頂けるようになっているからです。

江戸時代はこの2階はお道具などを置いたりしていたそうですが、本丸御殿の復元後、ここはお食事処になりました。

本丸御膳
http://honmarugozen.com/

熊本地震後は城内に入れないので、当然本丸御膳も頂けませんが、これも必ず復活すると思います。




oiuFB_IMG_1461997808918.jpg

本丸御膳です。

この御膳とても美味しかったですが、それよりも2階から見る景色に興奮してしまい・・・。






oiuFB_IMG_1461997740246.jpg

大御台所1階です。



oiuFB_IMG_1461997744414.jpg

観光客の方が写っていますが、いつもは私も1階ばかりでした。

それがこの日は2階に上がることができたので、もう嬉しくって嬉しくってテンションが上がりました。



oiuFB_IMG_1461997748048.jpg

2階からだと、立っても座ってもどんな体勢でも、下を見ることができます。

これなら調理中の監視もばっちりですね。江戸時代はそういうことも厳しかったでしょうね。



oiuFB_IMG_1461997751465.jpg




oiuFB_IMG_1461997755099.jpg




oiuFB_IMG_1461997758633.jpg




oiuFB_IMG_1461997761999.jpg



oiuFB_IMG_1461997765566.jpg



oiuFB_IMG_1461997768914.jpg



oiuFB_IMG_1461997772464.jpg



oiuFB_IMG_1461997775735.jpg



oiuFB_IMG_1461997779100.jpg



oiuFB_IMG_1461997783500.jpg



oiuFB_IMG_1461997787067.jpg



oiuFB_IMG_1461997790415.jpg



oiuFB_IMG_1461997797085.jpg





oiuFB_IMG_1461997803784.jpg

いつも1階から梁を見ていたから、2階に上がり間近で見ることができ、本当に嬉しかった。

この日は長女が結婚することになり、彼のご両親との食事会でした。ここをチョイスしたのは長女の彼です。このあと、天守閣をバッグに家族全員で写真を撮り、それを披露宴で流しました。

孫ができたから、成長に合わせて天守閣と一緒に写真撮影をしようと決めています。

絶対に孫が誕生するころには城内に入れると信じています。




熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 15:28 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年3月、春のくまもとお城まつり(7) 東竹之丸

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

七間櫓の内部を見学してから、東竹之丸の櫓群の下を撮影したものです。



この時↓と順序が逆なんですが、同じ場所でも歩く順序によって写真も全然違いますねー

2015年2月、冬の熊本城(4) 東竹之丸の櫓群下
2015年2月、冬の熊本城(5) 東十八間櫓


fs4FB_IMG_1461826728305.jpg

下に降りてきましたよ。

ちょっと前まで源之進櫓に居たのに、今は源之進櫓を見上げています。

熊本城は自分の好きなように歩を進めることができるので、同じを櫓を間近で見たり、下から見たりできます。これも熊本城のいいところなんですよね。

写真で改めて見ると、この角度のいいですよね。シュッとしてスマート。



fs4FB_IMG_1461826732106.jpg

源之進櫓の真下です。

何度か櫓の狭間がいくつかあるか数えたことがあります。どうしてそんなことをしたのか忘れたけど、一時期はまって狭間ばかり数えていた(笑)



fs4FB_IMG_1461826747628.jpg

写真左が四間櫓、右が源之進櫓。

熊本地震後、城内に入れないので、ここがどうなっているのかわかりません。

ただ、ニュースでこの一角は流れていないから、多分大丈夫だと思う。早く自分の目で見てみたいなー



fs4FB_IMG_1461826757008.jpg

この時の心境わかる。

写真を撮りながら、『木が邪魔!!!』って毒づいていたと思います(笑)



fs4FB_IMG_1461826760908.jpg

城内のどこかひとつでいいから入場口を開放してほしい!!!

これが今の私の願いです。一歩でも二歩でもいいから城内に入れてほしい。

地震後、何度も周辺から熊本城を見たけど、そのたびに中に入りたいという気持ちが強くなり・・・。

一日も早く城内に入れますように。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 14:46 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年3月、春のくまもとお城まつり(6) 東竹之丸の櫓群

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

特別公開の七間櫓の内部を堪能して外へ出ました。

写真だと時間をどれだけ費やしたかわかりずらいですが、この時かなりの時間建物の中にいました。何度も何度も突上戸から外を見ていました。

熊本城にいるとあっという間に時間が経ってしまい、それがまた楽しかったのよね。



fs4FB_IMG_1461826696879.jpg

七間櫓の隣にある田子櫓です。

ここは木製容器を収めていた倉だったので、田子櫓という名前がつけられたそうです。




fs4FB_IMG_1461826692438.jpg

田子櫓の横から下を眺めたところパチリ。

須戸口門から東竹之丸に向かうところですね ⇒2015年2月、冬の熊本城(3) 須戸口門から東竹之丸へ

ボォーと歩ていたら、上から簡単に討ち取られますね。

下から見るのと、上から見るのでは全然違います。そこをひとつひとつ制覇していくとはまるんですよね。



fs4FB_IMG_1461826701007.jpg

七間櫓から観光客の人たちが出てきま〜す。

普段入れない櫓なので、特別公開のときはたくさんの人が見学に訪れます。



fs4FB_IMG_1461826704789.jpg

左の小さな櫓が四間櫓。



fs4FB_IMG_1461826708472.jpg

ちょっと間を開けて源之進櫓。



fs4FB_IMG_1461826712687.jpg

四間櫓と源之進櫓の間からパチリ。



akumaoyuFB_IMG_1461239126481.jpg

下から見た四間櫓と源之進櫓。

ここの櫓群は下から石垣セットで見るのが好き。美しいのよね。




fs4FB_IMG_1461826716622.jpg

源之進櫓にいつの日か入れるのを楽しみにしていた。

ここから東十八間櫓がどんな風に見えるのか知りたくて・・・。



fs4FB_IMG_1461826720672.jpg



fs4FB_IMG_1461826752394.jpg

源之進櫓が少しずつ小さくなっていきます。

この櫓は鉤状になっていて、なぜこんな形にしたのか不思議なんですよね。

私の中で、熊本城の不思議はたくさんあります。それを時間をかけてひとつひとつ解明したいと思っていました。まぁ、史料が何もかもあるわけじゃないので想像するしかないところもありますが・・・。

地震で城内に入れなくなってしまったけど、熊本城研究は続けていきたいなー  だって熊本城が大好きなんだもん。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 12:12 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年3月、春のくまもとお城まつり(5) 七間櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

この日の登城目的は特別公開の七間櫓(いちけんやぐら)です。

ここからは七間櫓をアップしま〜す♪



fs4FB_IMG_1461826654485.jpg

案内板より

熊本城の平櫓(源之進櫓・四間櫓・十四間櫓・七間櫓・田子櫓)
 熊本城が築城された慶長年間(1596〜1614)櫓四十九、櫓門十八、城門二十九がそびえていたが、明治十年(1877)西南戦争勃発直前により大半を焼失した。
 現在、熊本城には焼失をまぬがれた十三の建造物があり国の重要文化財に指定されている。
 櫓は武器、武具などの倉として使用され、戦時には兵の駐屯所にも当てられた。  熊本市



これを最初に読んだときに、表現がうまいなーって思いました。

"熊本城が築城された慶長年間(1596〜1614)"  これなんですが、この表現すごくいい。

熊本城の築城は通説1601年〜1607年といわれているけど、あくまで通説であって・・・。本当のところはきっちりわかっていません。『○○○年の○月○日から工事を開始しました』なんて史料が残っていませんからね。




fs4FB_IMG_1461826659353.jpg

七間櫓(しちけんやぐら)に近づいてきましたぁー

ここは写真右から田子櫓、七間櫓、十四間櫓、四間櫓とくっついています。四間櫓は写真には写っていません(^^;;

くっついているのは外観だけで、内部はそれぞれ分かれています。




fs4FB_IMG_1461826663507.jpg

ここが公開された七間櫓です。



fs4FB_IMG_1461826667453.jpg

ここは十四間櫓です。

熊本城の櫓は、櫓の長さで名前をつけられたものいくつかあります。

櫓もたくさんあったから、ひとつひとつ櫓の名前をつけるのが面倒だったのかな?



fs4FB_IMG_1461826671870.jpg

七間櫓の内部です。

でも、建物内の写真はこれしかありません(^^;;

私、櫓の中に入るのは好きなんですが、建物の構造よりも、外の景色に興味がありまして・・・。だから内部の写真ってほとんど撮っていません。



fs4FB_IMG_1461826676620.jpg

建物内に入り、突上戸からどんな風に外が見えるのか、それが知りたくて。

ここからも何度も何度も外を見ました。



aakumauiyFB_IMG_1461239097893.jpg



fs4FB_IMG_1461826757008.jpg


下から見る櫓群です。

ここから見る景色と櫓の中から見る景色が全然違います。これがお城のすごいところなのよね。



fs4FB_IMG_1461826688004.jpg

敵が石垣を登ろうとしても、丸見えなので、ここから弓でも銃でも狙うことができます。



fs4FB_IMG_1461826682120.jpg

横矢かがり。

これは興奮しました。いつも下からしか見ることができませんでしたが、突上戸から見ることができて。

これは死角なし。そして狙いやすい!!!



この七間櫓に入ったのは1年ちょっと前です。

でも、このときの興奮は今もしっかり覚えています。

熊本地震で熊本城は甚大な被害を受けました。でも、私の中には地震前のかっこよくて力強い熊本城が鮮明に残っています。それを表現したいです。語りたいです。熊本城が元の姿に戻るまで熊本城のすごいところをどんどん自慢したい。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 11:47 | 日本100名城(熊本県)

2016年05月02日

【熊本県の城】2015年3月、春のくまもとお城まつり(3) 行幸橋

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

行幸橋(みゆきばし)です。明治35(1902)年に明治天皇が熊本城にお見えになったときに造られた橋です。


fs4FB_IMG_1461826602916.jpg



fs4FB_IMG_1461826607400.jpg



fs4FB_IMG_1461826611599.jpg

熊本城のすごいところは長い長い歴史です。

お城というと戦国時代、江戸時代のイメージが強いですが、熊本城は明治時代の歴史もたくさんあります。

そのひとつがこの行幸橋です。




fs4FB_IMG_1461826588799.jpg

行幸橋からの写真といえば、242メートルの長塀です。

でも、この日はちょっと違う写真もありました↓↓↓



fs4FB_IMG_1461826615967.jpg



fs4FB_IMG_1461826621667.jpg

長塀のほうはいつも写真を撮っている人がたくさんいますが、こちらはあまり見向きされず(^^;;

私もこちらはたまにしか歩かず・・・。今度熊本城に行ったらちょっと歩いてみよっと!!!



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/

posted by 夢子 at 17:01 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年3月、春のくまもとお城まつり(2) 下馬橋 

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

前ページで加藤清正像の写真をアップしました。

現在、加藤清正像があるところの後ろ(北側)に江戸時代は下馬橋がありました。

今回はそこらへんの写真をアップをします。



fs4FB_IMG_1461826580399.jpg



fs4FB_IMG_1461826584685.jpg

熊本城の絵図と下馬橋の案内板です。

旅先では案内板もしっかり写真に撮るけど、熊本城はいつでも行けると思っていたから、あまり案内板の写真を撮っておらず(^^;;




fs4FB_IMG_1461826598349.jpg

江戸時代、この石垣の上には書物櫓がありました。



fs4FB_IMG_1461826592882.jpg

書物櫓の横には馬具櫓がありました。これは復元されたので今もあります。



awfs4fs4e12.jpg

馬具櫓の手前に大きな木があります。

この木の根元に下馬橋の橋脚台が残っています。で囲んだところです。写真ではちょっとわかりにくいですね。

下馬橋は明治35(1902)年に行幸橋が架けられたときに壊され、橋脚の一部は熊本中学(現・熊本高校)の正門に用いられました。これ熊本地震でどうなったんだろう? 機会をみつけて確認してこなくては!!!



awfs4fs4e1.jpg

この写真のほうが、橋脚台はよくわかるかな?

地震後、ここは見ることができるので橋脚台確認しました。


aqaqa1DSC_3094.JPG

ちゃんと残っているでしょ!!!

熊本地震で熊本城は崩れてしまったところもありますが、ちゃんと残っているところもあります。

残っているところをきちんとまとめたいと思っています。ちょっと時間はかかりますが、熊本城が大好きだからここは残った、ここは踏ん張ったと記録を残したい。



fs4FB_IMG_1461826588799.jpg

2015年3月撮影の長塀。

熊本城の長塀は242メートルあります。坪井川に面して一直線に続く長塀は熊本城のビューポイントのひとつです。でも、今回の地震で崩れてしまい(T_T)




aa1q2qDSC_3097.JPG


aa1q2qDSC_3090.JPG

この2枚の写真は地震後の2016年4月30日に撮影したものです。

行幸橋のほうから撮ると崩れていません。242メートルと長いので半分ほどが崩れた状態です。

でも、崩れてないほうは2015年8月の台風で危ない状態になり、城内で倒れないように補強しています。だから今回は倒れなかったんだと思います。


こうやって振り返ると、熊本城は本当に頑張っています。自然災害に耐えています。

大変だったよね。きつかったよね。弱音ひとつ吐かずにここまで400年以上ずっとずっと耐え、それだけでも大変なことなのに、私たちのことをずっと見守ってくれ、本当にありがとう。

熊本城はいつもと変わらず姿で永遠にあるものと思っていました。でも、今回の熊本地震で今までの感謝の気持ちをちゃんと伝えて、そして復興に繋げていきたい。

ありがとう熊本城。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/
posted by 夢子 at 16:11 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月30日

【熊本県の城】2015年3月、春のくまもとお城まつり(1) 加藤清正像

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年3月に撮ったものです。

ここからは『春のくまもとお城まつり』(2015年3月1日〜4月5日)の時の写真です。

といっても、この時は特別公開された国指定重要文化財の『七間櫓』の写真が中心ですけどね。

熊本城は春と秋にくまもとお城まつりを開催していました。そのときに普段は中に入ることができない櫓を公開されました。



2014年、桜満開の熊本城(3) 不開門

不開門の公開は前年(2014年)の春のくまもとお城まつりの時です。

くまもとお城まつりは普段入ることができない建物に入れるから、すごく楽しみでした。

今年の秋のお城まつりは建物の特別公開はできないと思うけど、何らかの形で開催してほしいなー

くまもとお城まつり 公式ホームページ




fs4FB_IMG_1461826567303-COLLAGE.jpg




fs4FB_IMG_1461826567303.jpg




fs4FB_IMG_1461826571963.jpg




fs4FB_IMG_1461826576165.jpg

行幸橋のところにある加藤清正像です。

ここは時間帯によって逆光になるから、なかなか写真が思うように撮れなくて(^^;;

だから、私はあまり清正像の写真を持っていません。

でも、ここを通るときは必ず清正に挨拶してから城内に入ったら、家路に着いたり・・・。



3wsaqDSC_3096.JPG



3sfzsfDSC_3096.JPG

この写真は熊本地震後に撮ったものです。

今回の大地震に清正像は耐えました。

地震後にこれを見たときに、『絶対に熊本城は復興できる』と確信しました。

時間はかかると思うけど、清正公をはじめ、肥後の先人たちが見守っていてくれます。

だから、みんなで力を合わせて、熊本城を元に戻したい。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 10:29 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(33) 市役所展望所からの眺め

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

この時撮った写真を元に記事を書いてきましたが、いよいよこの時のラスト記事になりました。

2015年2月、冬の熊本城(1) 厩橋から

これからはじまり、今回の【33】まで、我ながらよく書いたと思います(笑)

熊本地震で私の心拠り所である熊本城が信じられない姿になりました。これから先も、熊本城のことを書きながら、熊本城が一日も早く元に戻ることを祈りたいと思います。



zzsyu6FB_IMG_1461239039689-COLLAGE.jpg

この日は熊本城から出て、市役所の展望所に行きました。

多分、半日は城内に居たと思いますが、それでもまだ熊本城を見たくて展望所に行ったんでしょうね。



zzsyu6FB_IMG_1461239032108.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239036024.jpg

城マニアは冬にお城めぐりをします。

葉っぱが落ちて、城内の様子がよくわかるからです。だから、私も11月〜3月は毎年いろいろなお城に行きます。

でも、熊本城は常緑樹であるクスノキが多いので、冬でみどりいっぱいです。




zzsyu6FB_IMG_1461239048174-COLLAGE.jpg

熊本城がこの姿に戻るまで元気でいます。

そのためにもジムでしっかり鍛えなくては・・・。

熊本城を何時間歩いても疲れない体を維持しなくちゃいけない。そう思えばジム通いも楽しいものです。




zzsyu6sFB_IMG_1461239699241-COLLAGE.jpg

私の大好きな加藤清正、そして熊本城。

この気持ちは永遠に変わらない。だから熊本城の復興に向けて、私ができることは何でもしたいと思います。




熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/

posted by 夢子 at 09:41 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月29日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(32) 長塀

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

須戸口門から外に出て、長塀のところを散策〜♪

以前はここ歩くことができました。それが2015年8月の熊本県に上陸した台風15号で長塀は大きく歪んでしまい、危険ということで散策できなくなりました。

ここを歩けるようになるのを楽しみにしていたのに、今回の熊本地震でさらに遠のいてしまい(T_T)



zzsyu6FB_IMG_1461239928370-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239923138.jpg

平櫓下の石垣です。

ここから長塀の石垣は熊本城の石垣の中でも新しいものです。新しいといっても加藤家2代目・忠広の時代に整備されたので、400年近く前ですけどね。




zzsyu6FB_IMG_1461239928370.jpg




zzsyu6FB_IMG_1461239933736.jpg




zzsyu6FB_IMG_1461239937889.jpg




zzsyu6FB_IMG_1461239943454.jpg

ここを歩くのが好きだった。

ここの空気感が好きで、なぜかここだけは石垣をじっくり見ていない。

熊本城にいるといつも石垣が最初に目に入り、石を見たり、石と話したりして、それだけでもあっという間に時間が過ぎていった。

でも、ここは石垣、長塀、坪井川、すべてがマッチしていて、ここにいると心がまあるく、まぁるくなってボォーと過ごすのが好きだった。

きっと、ここに入ることはしばらくできないと思う。でも、私にはここで過ごした時間があるから、今はその思い出を大切にして、熊本城が復活することを祈っています。



qq2wqDSC_30as10.jpg

この写真は熊本地震後に撮ったものです。(撮影日 2016.4.27)

この日は雨でした。石垣の排水は生きていました。

地震後の熊本城は私の知っている熊本城ではありませんでした。涙が止まりませんでした。そんな中、この排水を見たときに、ほんの少しだけど救われました。

崩れてしまったところはたくさんありましたが、大丈夫なところもたくさん、たくさんありました。

石垣の排水も頑張っています。だから、私も私にできることで熊本城を応援していきます。




zzsyu6FB_IMG_1461239947971.jpg

清正公です。

こんなに文明が発達しても、空の上の人とは電話で話しをすることができない。

熊本城って、いまだにわからないことや謎なことが多く、何度も清正公に電話していろいろと聞きたいと思った。『ここはどうしてこんな風に造ったの?』『天守閣の上から街を見たとき、どんなことを思った?』なんて聞いてみたいことはたくさんある。

でも、今は、『見守ってください』このひと言につきます。



清正は1588年に肥後に入国して以来、ずっと肥後を見守ってきてくれました。生存中だけでなく、死後もずっとずっと見守ってくれました。これから先も肥後を、熊本を見守ってくれます。

だから、絶対に熊本城は復元できます。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 14:01 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(31) 竹之丸

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

竹之丸の枡形です。ここも堅固なつくりで、一番攻略するのが難しいところです。


zzsyu6FB_IMG_1461239854350-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239827182.jpg

飯田丸五階櫓を堪能したあとは、竹之丸の枡形に突入します。

枡形に行くには二通りの道?、ルートがあります。

大半は櫨方門を抜け、そのまままっすぐ進みます。この日の私はそのルートから枡形に行ったようです。



zzsyu6FB_IMG_1461239832265.jpg

枡形がどんどん近づいてきます。

この辺りに来ると、胸の高まりが・・・。



zzsyu6FB_IMG_1461239836381.jpg

美しい。

往時は石垣の上に櫓があったので、こんなにはっきりと、こんな大きく天守閣は見えなかったと思います。

そんなことを想像しながら、一歩一歩近づいていきます。



zzsyu6FB_IMG_1461239854350.jpg

いよいよ突入!!!



zzsyu6FB_IMG_1461239858783.jpg

元札櫓門(もうありません)をなんとか突破して、最初の階段です。

もうこの時点がかなりきつい!!!

そして、ここからは天守閣が見えない。天守閣はどこだ?


なんて、毎度足軽になったつもりで、ひとり戦っています(笑)



zzsyu6FB_IMG_1461239862903.jpg

大きな独立五階櫓(西竹之丸五階櫓、これももうありません)から弓が、鉄砲が飛んでくる。

なんとかかわし、階段を駆け抜ける。



zzsyu6FB_IMG_1461239867066.jpg

どこにも死角がない!!!

前からも、横からも、上からも、後からも攻められる!!!



zzsyu6FB_IMG_1461239871000.jpg

やっと天守閣が見えた!!!



zzsyu6FB_IMG_1461239875951.jpg

また天守閣が消えた!!!

そして階段だ!!!  クソー登りにくい(T_T)




こんな感じで、毎度敵方足軽として、ここを突破します。

これが好きだったぁー  いつかきつと、いつかきっと、またここで足軽できるよね。





zzsyu6FB_IMG_1461239854350.jpg

ふたたび竹之丸の枡形に戻ります。



zzsyu6FB_IMG_1461239884501.jpg

枡形から東へ。この石垣は竹之丸から東竹之丸の石垣を撮ったものです。

ここの石垣と、枡形のところではちょっとだけ造った時期が違います。でも、未熟な私はまだそこらへんの違いがわからなくて、これから勉強しようと思っていたのに・・・。



zzsyu6FB_IMG_1461239889501.jpg

さらに東へ。

楠で見にくいけど、楠のむこうには東竹之丸の櫓群が建っています。



zzsyu6FB_IMG_1461239898435.jpg

須戸口門のところにある平櫓に登る階段です。



zzsyu6FB_IMG_1461239916774.jpg

この日は須戸口門から入り、城内をあちこち散策。

いっぱいいっぱい見て須戸口門に戻ってきました。

こんな感じで何時間も熊本城に居るのが楽しかった。何度見ても、もっと見たい、もっと居たいと何時間もここに居た。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/
posted by 夢子 at 12:34 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(30) 備前掘

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

備前掘の周辺は好きなところです。ここから櫨方門を通って中に入るのが好きなので、ここもよく通いました。

春はここでお花見をする人も多い、今年の桜の時期もすごい人でした。



zzsyu6FB_IMG_1461239796615-COLLAGE.jpg


zzsyu6FB_IMG_1461239792530.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239800730.jpg

行幸坂から撮った備前掘。

ここからもう少し下って行くと(南に行くと)行幸橋があります。

行幸橋は市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)のところにある橋で、この橋と行幸坂は明治35年、明治天皇が熊本にお見えになったときに作られたものです。

明治天皇は馬車に乗って城内に入られたので、きっと備前掘は馬車の中から見られたことでしょうね。



zzsyu6FB_IMG_1461239796615.jpg

備前掘も以前は水が湧いていました。

最近はそれを肉眼でなかなか確認できなくなり・・・。私の視力が落ちたのもひとつの原因ですが。



zzsyu6FB_IMG_1461239810803.jpg

熊本城にはたくさんの石があります。

石には歯形のような凹凸があるものがあります。これは矢穴(やあな)で、石を割るときに掘られたものです。

この矢穴を見るのも好きだった。早く、ひとつひとつの矢穴を見てみたいなー



zzsyu6FB_IMG_1461239805831.jpg

馬具櫓です。平時は馬具を収める倉庫でした。

写真には写っていませんが、右側には書院櫓もあり、ふたつの櫓の先には下馬橋が架かっていました。

建物がなくなっても、石垣が残っていれば、往時の様子がよくわかります。だから石垣はすべて元に戻ると思う。どんなことをして、戻さなくちゃいけない。



zzsyu6FB_IMG_1461239814785.jpg

ここから櫨方門へ入っていきます。



zzsyu6FB_IMG_1461239819332.jpg

馬具櫓の内側の階段。

通常は登り降りできません。老朽化のため、封鎖してあります。

ここも熊本地震で崩れました。私は一般人なので、熊本地震以降当然ですが城内に入ることはできません。

だから、テレビや新聞を通してしか、城内の様子がわかりません。だから、勝手な憶測だけど、ここの石垣に関していえば・・・。ここは西南戦争のときに、この石垣の上に大砲をのせるために内側の石垣は崩したと聞いたことがあります。一度崩したところは弱くなっているような気がする。だから、今回の地震で崩れたんじゃないかと。



zzsyu6FB_IMG_1461239827182.jpg

私の好きな場所。

櫨方門を通り、普通はどんどん前に進んでいきます。

でも、私は一度立ち止まって、ここから飯田丸五階櫓をじっくり見ます。ここから見る飯田丸五階櫓が大好きでした。早く、この姿に戻ってほしい。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/

posted by 夢子 at 12:05 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(29) 頬当御門の南にある空堀

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

ここからは頬当御門から南に向かって、とことこ散策〜♪


zzsyu6FB_IMG_1461239779162-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239779162.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239783439.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239787696.jpg

ここの空堀は観光客の人たちはあまり見向きしない。

でも、私はいつもここを通るときに、『注意されてもいいから、いつかこの空堀に降りてみたい』と思いながら見ていた。

空堀を上から見るのと、空堀の中から見るのでは景色が全然違うはず。それを自分で確かめたかった。

いつか、いつかこっそり入れる日が来ると信じて、前に進まなくちゃね。



zzsyu6FB_IMG_1461239792530.jpg

空堀を過ぎると今度は備前掘です。今現在、城内に残る唯一の水堀です。

江戸時代は古城(現・第一高校)のあたりにも水堀はありましたが、明治になり埋められてしまい、この備前掘だけ残っています。

備前掘の奥に建っているが飯田丸五階櫓です。ここの石垣は二段構えになっていて約25メートルほどあります。めちゃ迫力があり、ここの石垣もすごいです。

飯田丸の中から見た飯田丸五階櫓 ⇒2015年2月、冬の熊本城(14) 飯田丸



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 11:08 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(28) 二階櫓、続櫓、宇土櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

宇土櫓のあとは頬当御門から一度有料地域を出ました。

熊本城は入場券の半券を持っていれば、その日に限り、何度でも出入りできます。

私は一口城主なので、いつでも無料で入ることができましたが・・・

熊本地震後は一口城主の申し込みは一時中止となり、熊本城災害復旧支援金になりました。大好きな大好きな熊本城が一日も早く元に戻りますようにと祈りを込めて、私も可能な限り支援金を送りたいと思います。



zzsyu6FB_IMG_1461239734160-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239734160.jpg

平左衛門丸と数寄屋丸の間にある通路。

この通路はどっちの曲輪に入るんだろう?

この先が数寄屋丸櫓門があったところだから数寄屋丸かな。



zzsyu6FB_IMG_1461239739493.jpg

熊本城の場合、頬当御門から中に入ることが多いです。

ここは頬当御門を入り、一番最初に目にするところです。

ここから天守閣が見えるから、いつも観光客の人たちが写真をいっぱい撮っています。



zzsyu6FB_IMG_1461239743660.jpg

続櫓の一番端っこの二階櫓の部分です。

平左衛門丸から見るのと、この外側から見るのでは全然違います。それがこの櫓のすごいところです。

平左衛門丸から見た宇土櫓、続櫓 ⇒2015年2月、冬の熊本城(26) 宇土櫓



zzsyu6FB_IMG_1461239749944.jpg

隅石の上にポコッと出ているのが石落とし。

私、石垣の下から石落としを確認して、宇土櫓に入り、中から石落としを見るのが好きだったぁー



zzsyu6FB_IMG_1461239754711.jpg

頬当御門を出て、そこから撮ったものです。



zzsyu6FB_IMG_1461239759844.jpg

熊本城の空堀はいつもお手入れされ、きれいだった。

それが自慢でもあった。いつかきっと、いつかきっと空堀を自慢できる日がくる。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

くまもとよかとこ案内人の会
http://www.k-yokatoko.com/


posted by 夢子 at 10:55 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月28日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(27) 宇土櫓からの眺め

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

宇土櫓は三層五階、地下一階の多層櫓です。

一番上まで上がることができるので、そこから撮った写真です。


zzsyu6FB_IMG_1461239718126-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239703508.jpg

宇土櫓は西南戦争のとき焼け残った貴重な建物です。

そして今回の熊本地震でも残りました。続櫓は崩れましたが宇土櫓はちゃんと残っています。

この宇土櫓は小西行長の宇土城から移築したものと考えられてきました。でも、その後の調査でこの櫓は熊本城で造られたことがわかりました。

今の大天守ではなく、その前に造られた天守との説もあります。私は今回の地震でこの説だと勝手に確信しています。清正が19万5000石時代に造った天守閣だったと思っています。

だから西南戦争でも、今回の熊本地震で残ったんです。



zzsyu6FB_IMG_1461239718126.jpg

宇土櫓から見た大小天守閣。

下から見る大小天守閣もいいんですが、ここから見るのも最高です。

熊本城の大小天守閣は昭和35年に復元されたもので、中は鉄筋コンクリートです。でも、外観は江戸時代の熊本城を復元しています。だから、見た目は江戸時代と同じなんです。

あと、ここから北側の空堀を見るのが好き。宇土櫓の北と西は空堀なんですが、空堀と石垣が見事です。天守閣に近いこともあり、ここの防御は最高です。



zzsyu6FB_IMG_1461239722692.jpg

宇土櫓から見た北側。

なぜか、この二枚しかなかった。西側も東側も撮っておけばよかったなー



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 17:04 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(26) 宇土櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

この日は本丸御殿のあと天守閣には登らず、宇土櫓に行ったみたいです。

天守閣からの写真が一枚も残っていないので行っていないと思います。

なんか、昔の写真を一枚一枚チェックしていくと、その日の行動がわかりますね。



zzsyu6FB_IMG_1461239699241-COLLAGE.jpg



zzsyu6FB_IMG_1461239699241.jpg

平左衛門丸から撮った大小天守閣。

この大小天守閣の石垣も好き。大天守と小天守は一緒に造っていないので、石垣の積み方が違うんだよね。

大天守は熊本城築城初期のもので、隅石は同じ大きさの石を下から積み上げている。

小天守は隅石が算木積みなの。だから急な角度で立ち上がっている。

こんな大小天守閣って他にないから、ここも熊本城の自慢のひとつ。



zzsyu6FB_IMG_1461239703508.jpg

宇土櫓。これは築城当時から残る唯一の建物。

櫓の高さは犬山城とほぼ同じ。だから、櫓じゃなくて天守でも通じます。

この宇土櫓は昭和2年、倒壊寸前となり解体修理しましたが、その期間はなんと6ヶ月という超ハイスピードです。これからの熊本城も超ハイスピードで復元できるといいなー




zzsyu6FB_IMG_1461239707375.jpg

左から二階櫓、続櫓、宇土櫓です。

続櫓は古外様櫓と呼ばれていた時期もあります。

宇土櫓も、宇土櫓と呼ばれるようになったのは江戸中期頃から。

それまでは『天守西の御丸五階櫓』『平左衛門預五階櫓』なんて書かれている文献などもあります。



写真をよく見ると続櫓が斜めになっているのがわかると思います。

ここ斜めなんだよねー   この斜めも専門家によって見解がわかれ、熊本城はいまだにわからないことがいっぱいある。だから面白いんだよねー



zzsyu6FB_IMG_1461239712909.jpg

この続櫓の石垣の前で、陸軍(熊本鎮台)が記念撮影をしています。

それが本丸御殿の中にあるんですが、私は写真を見ても、どこで撮ったのか全然わかなかったんですが、先輩が教えてくれてました。私はまだまだ熊本城の石垣のことがわかっていないから、これからもっともっとじっくり見て、ひとつひとつの石と会話しながら、把握していこうと思っていた矢先の熊本地震で・・・。

でも、城内に入れるようになったら、ひとつひとつ石と向き合いたい。




zzsyu6FB_IMG_1461239703508-COLLAGE.jpg

宇土櫓の中にいるのが好きだった。

斜めになった廊下、手斧で削った跡、急な階段。そして隠し部屋? あの空間は隠し部屋なんだろうか?

宇土櫓の階段は急なんだけど、数えきれないぐらい登り降りしているから、自然と足が覚えてしまい、今ではトントントンっとリズムカルに降りれるようになった。早く、トントントンっあの階段を降りたい。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 16:41 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(25) 本丸御殿・中庭

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

本丸御殿・大広間縁側から撮ったものです。

通常はこの大広間縁側から大広間の中を見るので、いつもはたくさんの観光客がいます。

でも、2月は大広間が開放されるので、ここはほとんど人がおらず。こんなチャンスは滅多にないのでここもゆっくり見学。


zlkzzsFB_IMG_1461239668124-COLLAGE.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239671973.jpg

今、ここは明るい空間になっていますが、江戸時代はこの中庭の四方に建物があったので、今のような明るさはなかったと思います。それにこんな開放感もなかったでしょうね。



zlkzzsFB_IMG_1461239668124.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239676073.jpg

この大広間縁側は三段に分かれています。庭側から濡縁、落縁、広縁です。

冬はここでのんびり見学していると、足の裏が冷えてきます。そういう思い出もひとつひとつ思い出される。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1


posted by 夢子 at 11:38 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(24) 本丸御殿・昭君之間

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

毎年2月は本丸御殿の大広間は開放され、訪れた人たちが大広間を歩くことができます。

でも、それは梅之間から若松之間までです。昭君之間には入ることができません。でも、昭君之間を正面から見ることができるのでこのときは興奮しますね。



zlkzzsFB_IMG_1461239650022-COLLAGE.jpg




zlkzzsFB_IMG_1461239646288.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239650022.jpg


通常は廊下から昭君之間を見るので、床の間を真正面からみえるのはこのときだけです。

昭君之間の障壁画は、中国・漢の宮廷女『王昭君』の悲話が書かれています。正面から見ると絵師もばっちり見えます。

『昭君』の名については、清正が『将軍(豊臣秀頼)』を迎えるために造ったという伝承もあるんですが、今のところそのような一次資料は出ていないので、伝承の域を越えません。

ただ、豊臣秀頼は『帝鑑図説(帝王教育の書)』を愛読していたので、復元にあたり帝鑑図を選んだそうです。

昭君之間と若松之間には部屋の説明をしてくれるスタッフがいます。そのときに『帝鑑図説』ってはじめて知ったんですが・・・  秀頼って勉強していたんですねー



zlkzzsFB_IMG_1461239659309.jpg

豪華絢爛。このひと言につきますね。



zlkzzsFB_IMG_1461239680191.jpg

ここからは廊下から撮った写真です。

写真正面は帳台構えです。この奥には帳台之間があり、そこに隠れることができます。家臣たちがこの中に隠れ、イザというときに主君を守ります。この中に一度入りたい!!!



zlkzzsFB_IMG_1461239684091.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239687890.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239695209.jpg

往時、この部屋に藩主以外に誰が入ったんだろう?

ここで藩主は誰と対面したんだろう? ここでこの素晴らしい絵を見ているといろいろなことを想像してしまいます。それが楽しかった。

また、その日が来ると信じ、もっともっと勉強して、ここでいろいろな想像をしたいな。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1


posted by 夢子 at 11:24 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(23) 本丸御殿・若松之間

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

本丸御殿大広間・若松之間です。通常はこの部屋に入ることができませんが、毎年2月は大広間に入ることができます。そのときに撮影したものです。


zlkzzsFB_IMG_1461239642142-COLLAGE.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239662956.jpg

若松之間、昭君之間は絵か描かれているので、フラッシュは禁止です。

だから、写真(私の腕)だと実際よりも色がきれいに撮れなくて(^^;;




フォトグラフ熊本城(本丸御殿復元完成記念 写真集)はとてもきれいな本丸御殿がいっぱい載っています。

今、熊本城内に入れないので、私はこの本を見ながら、早く城内に入りたいという気持ちをかき立てられています。

フォトグラフ熊本城 ⇒詳細・購入



zlkzzsFB_IMG_1461239653940.jpg

左が違い棚、右が付け書院です。写真には写っていませんが付け書院の横に床の間があります。

最初のころは違い棚や付け書院って全然わからなくて(^^;;

一般的にというか江戸時代の常識では、床の間と違い棚は同じ面に並び、付け書院は床の間に対して直角に折れて配置されるそうです。だから、付け書院、床の間、違い棚の並びになるんですが、江戸時代初期以前は床の間や棚の配置は様々でした。様式が決まる前の造りなので、そういう意味でもとても貴重な建物です。

あと、私は付け書院の上の欄間が好きです。

廊下にこの欄間を通した陽の光が写るんですが、それがとても美しくて。照明のない時代、こんなに美しく自然光を入れることができるなんて、この本丸御殿を設計した人は天才ですよ。



zlkzzsFB_IMG_1461239642142.jpg

襖の上は筬欄間(おさらんま)です。

ここの襖が閉まっているのを一度も見たことがありません。いつも開けてあります。

いつかいつか襖全面の絵を見てみたいなー


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 10:50 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(22) 本丸御殿大広間天井

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

本丸御殿の大広間に奥に行くにつれて格式が高くなってきます。

一番格式の高い部屋が昭君之間です。昭君之間、若松之間の格式の高さはよくわかりますが、桐之間や櫻之間などボォーと見ていると違いがわかりません。でも、誰でも簡単に見分ける方法があります。それが天井です。



zlkzzsFB_IMG_1461239617641-COLLAGE.jpg


zlkzzsFB_IMG_1461239617641.jpg

ここは櫻之間です。



zlkzzsFB_IMG_1461239629504.jpg

櫻之間の奥の部屋・桐之間です。

櫻之間と桐之間と天井が違うでしょ!!!



zlkzzsFB_IMG_1461239633159.jpg

この時、若松之間の天井は撮っていなかったんですが、欄間越しに若松之間の天井おわかりになります?

この天井は桐之間で格天井です。そして奥の若松之間は折り上げ格子天井です。

部屋の格式によって天井の造りも変わってきます。こういう細かい造りをひとつひとつ見ていくと時間がどれだけあっても足りません。



zlkzzsFB_IMG_1461239642142.jpg

またまた欄間越しの天井です。これは若松之間から昭君之間の天井を写したものです。

この角度で写真が撮れるのは、大広間開放の時期だけです。

熊本地震でしばらくは城内に入れないけど、来年の2月はいつものように大広間が開放されるといいな。

そしたら、きっと今まで以上にひとつひとつじっくり見ると思う。その日が来ますように。



zlkzzsFB_IMG_1461239687890.jpg

昭君之間の天井です。もちろんここも若松之間同様に折り上げ格子天井です。

そしてこの部屋だけは60枚の天井画。金箔を下地にさまざまな植物を描いています。

格縁(ごうぶち)には漆を塗り、金箔で装飾。贅の限りを尽くしています。

私は何度も何度もこの天井画も見ています。でも全体を見ただけで、一枚一枚じっくり見ていません。今度本丸御殿に入るときは一枚一枚ちゃんと見たなー



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 10:16 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月27日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(20) 天守前広場

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

天守前広場で〜す。ここはいつもたくさんの観光客で賑わっています。

写真はあまり観光客がいませんが、2月の平日、それも午前中の早い時間だから。


zlkzzsFB_IMG_1461239585474-COLLAGE.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239581388.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239585474.jpg

私たち熊本のシンボル・熊本城の天守閣です。

大きな大きな天守閣はいつも私たち熊本人を見守っていてくれます。

我が家から熊本城までは4〜5キロありますが、我が家から天守閣が見えます。

毎日天守閣を見て暮らしています。それが当たり前の日常です。だから熊本地震で天守閣も甚大な被害を受けましたが、絶対絶対元に戻します。



zlkzzsFB_IMG_1461239590251.jpg



zlkzzsFB_IMG_1461239594252.jpg

ここも私の好きな場所。

小天守の前にトイレがあります。以前ここには五階櫓がありました。ここから階段を下り、登り、小天守に入ります。

現在は石階段もかなり老朽化しているので、入ることはできませんが、ここから下を眺めるのが好き。

あれこれ勝手に妄想して、ニヤニヤしていました。またここに行って、妄想したいなー



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1


posted by 夢子 at 09:29 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月26日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(19) 本丸御殿、東三階櫓跡

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

本丸御殿の復元されなかった東三階櫓跡へ。



zxd3eFB_IMG_1461239270035-COLLAGE.jpg


zxd3eFB_IMG_1461239553566.jpg

耕作櫓門跡から本丸御殿・闇通路(くらがりつうろ)へ。

なぜかこの中の写真が一枚も撮っていなかった(^^;;

闇通路を進み、左に折れると天守前広場に出ます。でも、私は必ず右に折れて、東竹之丸を見たり、闇通路のもうひとつの入口を上から眺めます。ここからの眺めもいいのよねー



zxd3eFB_IMG_1461239571218.jpg

左の建物が本丸御殿の大台所。



zxd3eFB_IMG_1461239575755.jpg

この上から見ていると、敵が入ってきたら確実に狙えると、戦国武将でない私でも思います。

こういう造りがうまいの。だから堅固な城なんだよねー



aqkumauuFB_IMG_1461239270035.jpg

東竹之丸のここから入っていくと、上の写真のところに行きます。

よく、ここらへんで方向感覚がわからなくなる人がいて、何度も『出口はどこですか?』って聞かれたなー。

それが嬉しくてね。迷った人に対して嬉しいは失礼だけど、出口がわからなくなるってことは、それだけ造りが複雑ということだから、熊本城大好きな私はニンマリですよ。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 16:47 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(18) 剥離した石垣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

天守閣には到着しましたが、天守閣の入口は東側なので耕作櫓門から闇通路へ。


zxd3eFB_IMG_1461239548283-COLLAGE.jpg



zxd3eFB_IMG_1461239548283.jpg

ここは平左衛門丸です。

ここから天守閣に入ることはできません。天守の入口は東側にあります。



zxd3eFB_IMG_1461239560451.jpg

天守閣の南を通り、耕作櫓門跡へ。



zxd3eFB_IMG_1461239553566.jpg

本丸御殿の闇御門(くろがりごもん)の手前に耕作櫓門がありました。

ここの石垣はボロボロです。これは西南戦争の火災の後。

明治10(1877)年2月22日、熊本城は薩摩軍の総攻撃を受けました。

その三日前の19日に、天守閣や本丸御殿などは焼失しています。火災の原因はわかっていないんですけどね。

私は籠城を決めた官軍が火をつけたんじゃないかと思っています。だって大きな天守閣は攻める方には格好の標的ですからね。

このボロボロの石垣はそのときの火災のあとで、高熱によって表面が剥離したものです。

天守閣も焼けていますが、天守閣の石垣はきれいです。というのも建物が中に落ちているので内側の石垣が剥離しています。闇通路(くらがりつうろ)も剥離した石があり、ここらへん一帯は焼けたあとが残っている貴重な場所です。



zxd3eFB_IMG_1461239564701.jpg

剥離しただけでなく、中にはひび割れしたものもありますが、それでも139年持ちこたえました。

熊本城の石垣って本当にすごいのよね。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 16:35 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(17) 天守閣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

天守閣到着!!!


zxd3eFB_IMG_1461239510615-COLLAGE.jpg


abkumapFB_IMG_1461239397675.jpg

二様の石垣で天守閣を拝み(笑)



zxd3eFB_IMG_1461239510615.jpg

本丸御殿の下を取りぬけ、一歩、一歩と天守閣に近づいていく。



zxd3eFB_IMG_1461239515131.jpg

地蔵門のところに来ると天守閣が見えなくなります。

この造り方もニクイよね。何もかもうますぎるの。



zxd3eFB_IMG_1461239528737.jpg

見えました。もうすぐそこにです。天守閣が!!!



zxd3eFB_IMG_1461239548283.jpg

武将隊がいます!!!

熊本城は天守閣と櫓では破風が違うの。天守閣は曲線が優雅なんだけど、櫓は力強い曲線なの。

清正の細かい細かい設計に毎度魅せられます。



a34weFB_IMG_1461388616467.jpg

これは2015年8月に撮ったものです。

夜間開園のときの熊本城です。これは本当に美しかったです。

ただね、もしひとりで夜行けと言われたら、怖くていけない。昼間とは違う威圧感があります。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 16:10 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(16) 地蔵櫓門

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

本丸御殿の下を抜け、地蔵櫓門があったところです。

今はもう地蔵櫓門はないし、案内板もないから、熊本城マニアじゃないとここはスルーしてしまうかな。



zxd3eFB_IMG_1461239519787-COLLAGE.jpg



zxd3eFB_IMG_1461239515131.jpg

ここに地蔵櫓門がありました。

地蔵櫓門と名前がついたのは、礎石の上に柱がのっていたんだけど、礎石に何か彫ってあるのが見え、それがお地蔵さんに見えたから、地蔵櫓門とついたらしい。

その礎石はまだ残っていて、立ててあるんだけど写真撮っていなかった(^^;;

地蔵門を解体して、柱をどけたら、礎石に彫ってあったのはお釈迦さまだったの。柱がのっていたから、お釈迦さまがお地蔵さんに見えたんでしょうね。

熊本城がある小高い丘は茶臼山というんだけど、熊本城ができる前は観音堂やお寺があり、礎石のお釈迦さまもお寺の名残りといわれています。


zxd3eFB_IMG_1461239524167.jpg

地蔵門跡からふり返って、本丸御殿の石垣を写したところ。

私、ふり返ってみる石垣好きなんだよねー

同じ石垣なのにほんの数秒前と表情が全然違うの。これにはまると熊本城から離れることはできなくなる。



zxd3eFB_IMG_1461239528737.jpg

地蔵門をくぐり、右に折れ、階段を登ると天守閣に。

ここの階段がまた凝っているの。一段一段微妙に高さが違うし、歩幅も違い・・・。こういう細かい造りが名城といわれる所以なのよねー

この階段には梵字が刻まれた石が使われている。これもお釈迦さまが彫られた石同様、茶臼山廃寺の名残りといわれている。



zxd3eFB_IMG_1461239532865.jpg

階段を数段登り、振り返ってパチリ。

ここも当然枡形なんだけど、熊本城の枡形ってそれぞれに違うの。何が違うのかと言われてるとうまく説明できないけど、陽の当たり具合が方角によって違うから、全然違うように感じるの。

今は建物はないけど、これに建物があったら、昼間でも暗い所はあったと思うから、イザ攻め込んだら怖かっただろうな。。。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 15:51 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(15) 本丸御殿の石垣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

飯田丸から二様の石垣に戻り、いよいよここから天守閣に向かいます。


zxd3eFB_IMG_1461239397675-COLLAGE.jpg


abkumapFB_IMG_1461239402025.jpg

この二様の石垣は数えることができないぐらい見ています。

何度見ても見飽きない石垣です。



zxd3eFB_IMG_1461239488330.jpg

細川忠利の時代に増築された石垣。

この写真をみつけたときは嬉しかった。

まさかこういうアングルで撮ったものが残っているとは!!!



zxd3eFB_IMG_1461239510615.jpg

正面は本丸御殿の数寄屋です。

ここの茶室は入ることができず、いつも廊下から見るだけ。

なんかそんなことも不思議と思い出される〜



zxd3eFB_IMG_1461239519787.jpg

この石垣は1601〜1607年のころのもの。

下のほうは算木積みに見えるけど、上のほうは違うんだよね。

だから算木積みができる前か算木積みの初期のころと私は見ているんだけど・・・。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 15:27 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月25日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(14) 飯田丸

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

飯田丸です。飯田丸は飯田覚兵衛が守った曲輪なので飯田丸と呼ばれている。

飯田覚兵衛は加藤家が改易されたとき、他家には仕えず京都でひっそり暮らしその後亡くなりました。

覚兵衛の長男、三男は細川家に仕え、二男は福岡の黒田家に仕えました。長男の子孫には井上毅がいます。大日本帝国憲法、皇室典範、教育勅語などを起草した人です。熊本には偉人がたくさんいるんです。それももっともっと広めたいなー


abkumaytFB_IMG_1461239448562-COLLAGE.jpg

飯田丸五階櫓は明治初期に取り壊され、平成16(2004)年に復元されたものです。

私はこの飯田丸五階櫓 ⇒ 数寄屋丸二階御広間 ⇒ 宇土櫓の順に建物の中に入るのが好きだった。

床の釘の感触が違うんですよね。この飯田丸五階櫓が一番新しいので釘がよくわかります。それが数寄屋丸二階御広間に行くと少し和らぎ、宇土櫓ではほとんどわからなくなります。

時間の経過とともに釘も床になじみ、また釘頭も丸みが出てきてごつごつしないんですよね。

昔は復元された建物は好きじゃなかった。でも、最近やっと復元もいいなーってわかるようになったところだったのに・・・。



abkumaytFB_IMG_1461239448562.jpg

ここは飯田丸五階櫓から東側を撮ったもの。

西南戦争のときはここにも大砲を置いたみたい。そこらへんもやっと勉強はじめたところなのに・・・。



abkumaytFB_IMG_1461239464550.jpg


abkumaytFB_IMG_1461239468877.jpg

ここは飯田丸五階櫓から西側を撮ったもの。

備前掘が見えています。城内で唯一残っている備前掘です。

よく、『熊本城は水堀がひとつしかないんですね?』と聞かれますが、江戸時代は古城(現・第一高校)に水堀がありました。


abkumaytFB_IMG_1461239473262.jpg

写真でじっくり見ると、この石垣の美しさに魅せられますね。

備前掘のところから見上げる石垣もいいけど、こうやって見下ろすのもいいです。

熊本城の石垣はどこから見ても美しいです。



abkumaytFB_IMG_1461239477829.jpg

ここは飯田丸五階櫓から南側を撮ったもの。

百陂Eがあったところです。ここも復元予定でした。

ここと数寄屋丸五階櫓が復元されたら、熊本城の弱点である西側をいかに加藤清正が強くしたのかよくわかるから、復元を楽しみにしていたんですが・・・。

まずは熊本地震で被害を受けた場所を元に戻さなくては。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 16:59 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(13) 数寄屋丸と梅

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



abkumaytFB_IMG_1461239412976-COLLAGE.jpg


abkumapFB_IMG_1461239412976.jpg



abkumapFB_IMG_1461239422494.jpg

飯田丸は加藤家三傑の1人・飯田覚兵衛が守った曲輪なので『飯田丸』と呼ばれています。

今は飯田丸の一部は梅園となり、2月は梅のいい香りがします。



abkumaytFB_IMG_1461239427328.jpg



abkumaytFB_IMG_1461239444300.jpg

正面の櫓は数寄屋丸二階御広間です。

この建物は飯田丸から見ると一階に見える。でも数寄屋丸だと二階なの。昔の人の細やかさには感心します。

そして、数寄屋丸二階御広間は茶会や連歌会、能など風雅を楽しむ場所ですが、石落としも狭間もあり、イザというときはここからも攻めることができるようになっています。ここらへんは徹底していますね。だから堅固の城なんですよね。

数寄屋丸二階御広間の隣には数寄屋丸五階櫓がありました。これも復元予定だったんですが・・・。

熊本地震で予定よりもかなり先になるでしょうね。

今回の熊本地震で熊本城は大きな大きな被害を受けました。まずはこれらを元に戻さなくては。

そのために私ができることは何でも協力したいと思っています。

加藤清正が造った熊本城、細川家が守った熊本城は必ず元に戻ります。

だって、西南戦争にも熊本大空襲にも耐えた強い、強いお城ですから、必ず復興します。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 15:58 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(12) 二様の石垣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

熊本城のビュースポットのひとつ二様の石垣です。



abkumapFB_IMG_1461239373057-COLLAGE.jpg





abkumapFB_IMG_1461239373057.jpg

二様の石垣をこの角度で撮るには東竹之丸から向かわないと撮れません。

ここからだと天守閣は見えません。

でも、一歩、一歩進んでいくと天守閣が見えてきます。それが何度見ても素敵です。



abkumapFB_IMG_1461239377355.jpg

天守を見る前に、私が歩いてきたところを振り返りパチリ。

ここの石垣は大天守や本丸御殿よりも後に積まれたものです。

大天守や本丸御殿は1599年ごろに石垣が積まれたと言われています。

ここらへんは1601〜1607年と想定されます。隅石が算木積みじゃないから私は1605年以前じゃないかと勝手に思っています。

6月に熊本城の石垣に詳しい方に、石垣についてあれこれ教えていただくことになっています。そのころ熊本城に入れるんだろうか? 一部でも入れるようになっているといいなー



abkumapFB_IMG_1461239397675.jpg



abkumapFB_IMG_1461239397675sa.jpg



abkumapFB_IMG_1461239402025.jpg

美しい!!!

この風景は加藤清正は見ていないです。

というのも二様の石垣は細川時代にできたものなんです。

手前の石垣が加藤清正時代に積まれた石垣で、奥が細川忠利時代に積まれたものです。

どうして、ふたつの時代の石垣があるかというと、加藤家が改易され、細川忠利が肥後に入国したとき、本丸御殿はかなり傷んでおり、増改築しました。増築のために本丸御殿のスペースを増やすために石垣を積んでいるのでこのようにふたつの時代の石垣を一緒に見ることができます。

清正時代の石垣は初期のもので、まだ算木積みがない時代です。ですから、下がゆるやかなカーブで、上部の勾配が急になっています。

細川時代の石垣は石垣の技術も進み、隅石は算木積みで、下から勾配が急です。



abkumapFB_IMG_1461239407675.jpg

二様の石垣から天守に向かわず、その横にある飯田丸の梅を楽しみしました。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 15:35 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(11) 竹之丸(西竹之丸)の石垣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から見る竹之丸(西竹之丸)の石垣です。


abkumapFB_IMG_1461239326204-COLLAGE.jpg



abkumapFB_IMG_1461239326204.jpg

竹之丸から階段を登り、天守に向かうコースが私が一番好きです。

熊本城の堅固を一番体感できるところだから。

そして、それを上から確認できるのが東竹之丸です。

今は建物はないんですが、江戸時代 硫黄櫓(いおうやぐら、田子櫓西側)があったところから、竹之丸を上から見ることができます。

ここは竹之丸の見せかけの階段を登ったところです。写真右奥の芝生のところに狭い空間があるんですが、こんなところに誘い込まれたら、逃げれないですね。


abkumapFB_IMG_1461239356709.jpg

奥に見えるのが飯田丸五階櫓です。

こうやって改めて見ると櫓というよりも天守でも通じますよね。



abkumapFB_IMG_1461239362540.jpg



abkumapFB_IMG_1461239367789.jpg

独立五階櫓の石垣です。

これも復元する予定でしたが、熊本地震でこの五階櫓の復元はずっとずっと先になりますね。



abkumapFB_IMG_1461239373057.jpg

東竹之丸から飯田丸へ。

まず出迎えてくれるのが二様の石垣です。

本丸御殿の石垣で、加藤時代、細川時代の石垣が見える場所です。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 15:17 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(10) 本丸御殿の石垣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から本丸御殿の石垣を撮影したものです。


FB_IMG_1461239294121-COLLAGE.jpg



abkumapFB_IMG_1461239294121.jpg

本丸御殿は平成20(2008)年、築城400年を記念して復元されました。

往時は1570畳の広さがありましたが、復元されたの約1/3の580畳です。

ですから、建物はなく石垣だけ残っているところもあります。

石垣は築城初期のもので、隅石は算木積みではありません。

ただ、加藤家が改易させ、細川忠利によって増築された本丸御殿の石垣の隅石は1632年以降のものなので算木積みです。



abkumapFB_IMG_1461239298004.jpg



abkumapFB_IMG_1461239303570.jpg



abkumapFB_IMG_1461239321153.jpg

ここの石垣は大天守と同時期に積まれたもので、私の好きな石垣です。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 15:04 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月23日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(9) 源之進櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸の櫓群から見た下の景色です。


aqkumamotawFB_IMG_1461239274872-COLLAGE.jpg



aqkumauuFB_IMG_1461239270035.jpg

ここから先は本丸御殿です。

今回はこちらではなく、東竹之丸の櫓群へ。



aqkumauuFB_IMG_1461239274872.jpg

源之進櫓です。

写真を撮っている位置は源之進櫓の北からです。



aqkumauuFB_IMG_1461239279419.jpg


aqkumauuFB_IMG_1461239285452.jpg

ここも上の写真と同じ場所からの撮影です。

下から見ると ⇒2015年2月、冬の熊本城(5)

源之進櫓の北側は石垣が2段になっていてます。下から見るのと、上から見るのでは、全然違うので熊本城をおもしろい。



aqkumauuFB_IMG_1461239289938.jpg

源之進櫓の南側から下を撮った写真です。

ここは危ないので柵がしてあります。ギリギリのところまで近寄って下を見るんですが毎度足がすくみました。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 10:26 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(8) 不開門

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から天守閣へ行くコースで、東十八間櫓(東)のところから階段を登り、天守閣ではなく右に折れて不開門(あかずのもん)へ。


aqkumamotawFB_IMG_1461239232200-COLLAGE.jpg



aqkumauuFB_IMG_1461239232200.jpg

不開門(あかずのもん)です。

熊本城の鬼門(北東)に位置する門です。江戸時代は通常この門は閉まっていましたが、不浄なものを城外へ出すときにこの門を使ったそうです。

現在、この門も入場口のひとつになっており、ちょっと前まで料金所の修復のために数か月閉鎖されていました。やっとそれも終わり、ここの門から入退場できるようになったのに・・・。熊本地震が起きてしまい。

私はここから城外に出るのが好きでした。ここから城内に入るのが好きでした。

だから、3月もここから出入りしましたが、当分はそれもできないと思うと・・・。



2014年、桜満開の熊本城(3)

2014年の桜のときは、不開門が一般公開され、ここから桜を眺めたなー

いつか必ず、またここから桜を眺めたい。その日が来るのを信じている。



aqkumauuFB_IMG_1461239239867.jpg

不開門の手前にある石垣。

この奥に平櫓があるんですが、ここから先は立ち入り禁止なので、私は入ったことがなく。



aqkumauuFB_IMG_1461239251001.jpg

平櫓です。



aqkumauuFB_IMG_1461239256299.jpg

不開門を出たところの石垣が好き。

少しカーブになっているの。どうしてここがカーブになっているのかはわかりませんが、鬼門と関係があるのかな?

邪気が入らないようにわざとカーブにしたのかな?



aqkumauuFB_IMG_1461239261184.jpg



aqkumauuFB_IMG_1461239266083.jpg

この平櫓は加藤清正時代のものではなく、細川忠利時代のもの。

昭和28(1953)年の解体修理で人形(ひとがた)や出入鑑札などから築城時期が判明している。

ここの石落としは庇付きなんだよね。他の石落としはついていないの。あっ、宇土櫓の続櫓の真ん中にあった石落としにはついていたけど、建物の角につけられた石落としで庇がついてるのはここだけ。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 10:07 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(7) 六地蔵幢

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から天守閣へ行くコースで、東十八間櫓(東)のところから階段を上り、熊本城の中段へ。


aqkumamotawFB_IMG_1461239178783-COLLAGE.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239183197.jpg

東十八間櫓です。

ここを左に折れると階段があります。



akumaoyuFB_IMG_1461239196729.jpg

右の石垣の上が東十八間櫓です。

ここの石垣は曲輪の中から見るとけっして高くないけど、外から見ると高いのよね。

ここは築城当時、大手門があったので、当然ですが枡形虎口になっています。

熊本城の大手門は現在西出丸にある西大手門です。だから、ここに大手門があったのを知っているのは余程の熊本城マニアです。熊本地震の前ですら、ここに大手門があったということを知っている人は少ないのに、今後はもっと知られなくなるのかな。それは寂しいから私が知っていることはどんどん書いていきたいな。



akumaoyuFB_IMG_1461239209670.jpg

階段を登り、上を目指します。



akumaoyuFB_IMG_1461239226350.jpg

階段を登りきったところで、後を振り返りパチリ。

この写真を撮ったとき、何も意識せず写真を撮っていたけど、こういう写真も貴重なものになりました。




aaaqkumamotawFB_IMG_1461239214215.jpg


aqkumamotawFB_IMG_1461239218466.jpg


aqkumamotawFB_IMG_1461239222602.jpg

階段を登り、左にある六地蔵幢(ろくじぞうどう)。

六地蔵幢のほかにここには五輪塔なども集められています。

熊本城は茶臼山という丘陵です。ここに熊本城ができる前は観音堂やお寺などもあったそうです。五輪塔などはその時の名残と言われています。



aqkumamotawFB_IMG_1461239196729-COLLAGE.jpg


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 09:43 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月22日

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(6) 東十八間櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から天守閣へ行くコースで、東十八間櫓(東)の手前の石垣(西)です。

東十八間櫓の手前から振り返って写真を撮ったので逆光です。


akumaoyuFB_IMG_1461239187764-COLLAGE.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239183197.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239187764.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239192099.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239187764.jpg

ここはお城マニアの人以外は簡単にスルーする場所です。

石垣が低くなり、その後ちょっとだけ高くなり、また低くになります。

なぜこんな造りになっているのか、私にはわかりませんが、この熊本城は築城当時大手門が東側にありました。ここらへんは東大手門の手前になるので、もしかしたら門番みたいな小さな建物があったのかも?

熊本地震でしばらく熊本城には入れません。もっとしっかり調べておけばよかった。



akumaoyuFB_IMG_1461239205631.jpg

東十八間櫓のところを左に折れ、階段を上り、熊本城の中段に入ります。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 17:29 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(5) 東十八間櫓

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から天守閣へ行くコースで、東竹之丸の櫓群の下を過ぎたところです。


akumaoyuFB_IMG_1461239130715-COLLAGE.jpg




akumaoyuFB_IMG_1461239130715.jpg

源之進櫓の下です。

石落としがありますねー



akumaoyuFB_IMG_1461239142380.jpg

このカーブの石垣、どうしてこんな風に積み上げたのかわかりませんが、ここらへんの技術はすごいですね。

逆三角形で緩いカーブになっています。隅石のカーブの加工も機械がない時代によく加工できたと思います。



akumaoyuFB_IMG_1461239134711.jpg

ここから低めの石垣が続きます。

この上に櫓があったのかな?



akumaoyuFB_IMG_1461239178783.jpg

東十八間櫓です。

写真向かって右の石垣がきれいです。

これ下から見ると美しいのねよー


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 17:10 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(4) 東竹之丸の櫓群下

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2015年2月に撮ったものです。

東竹之丸から天守閣へ行くコースです。



akumaoyuFB_IMG_1461239097893-COLLAGE.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239104878.jpg

四間櫓の下です。

美しい石垣〜 きれいだなー

石垣は下のほうが黒くて、上部が白いんですが、これは時間の経過でできたものです。

上部は建物があるので雨が降っても濡れにくいけど、下部はまともに濡れます。雨によってできた汚れが石垣を黒くします。



akumaoyuFB_IMG_1461239109294.jpg



akumaoyuFB_IMG_1461239113727.jpg

源之進櫓の下の石垣。

四間櫓と源之進櫓の石垣好きなんだよね。この横矢かがりは防御の面でもすごいんだけど、それだけじゃなく美しさもあるんだよね。

熊本城が復活したら、この石垣をたくさんの人に見てほしいな。



akumaoyuFB_IMG_1461239126481.jpg

田子櫓、七間櫓、十四間櫓、四間櫓までくっついていて、源之進櫓だけはちょっとだけ空けて建っている。

ここらへんの意図はわからないんだけど、多分加藤清正のことだから、この少しの空間にもすごい意味があるんだろうな。。。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 12:04 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(3) 須戸口門から東竹之丸へ

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

須戸口門を入ってすぐのところです。

ここで、東竹之丸から天守閣へ行くコースと竹之丸から天守閣へ行くコースに分かれます。



aakumauiyFB_IMG_1461239085793-COLLAGE.jpg



aakumauiyFB_IMG_1461239090009.jpg

須戸口門から入り、最初の枡形のところです。

往時はここら辺に門があったそうです。

今は入場口になっているから、わかりやすい様に手前に門を配置しています。



aakumauiyFB_IMG_1461239085793.jpg

左のところに案内板の前に人が立っています。

きっと、東竹之丸から天守閣へ行こうか、竹之丸から天守閣へ行こうか考えているところだと思います。



aakumauiyFB_IMG_1461239094109.jpg

私は右に折れ、東竹之丸から天守閣へ向います。

右に折れるとすぐに階段があり、数段登ったところから写真を撮りました。


aakumauiyFB_IMG_1461239097893.jpg

階段を登ると東竹之丸の櫓群の下に出ます。

ここの石垣も好き。横矢かがりになっていて死角がないんだよね。



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 11:30 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(2) 須戸口門

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

熊本城には4つの入城口があります。そのひとつの須戸口門です。

厩橋から須戸口門を通り、城内に入っていきます。


aakumauiyFB_IMG_1461239056610-COLLAGE.jpg




aakumauiyFB_IMG_1461239071058.jpg

熊本城は熊本市の中心地にあります。

だから、一日中車も人通りも多いところにあります。

でも、厩橋を渡り、城内に入ると、緑いっぱいで一瞬にして空気が変わります。



aakumauiyFB_IMG_1461239081029.jpg

須戸口門(すどぐちもん)です。

須戸口門は以前は『簾戸口門』と表示されていた。

簾(すだれ)、簾の簾戸口門です。



aakumauiyFB_IMG_1461239076775.jpg

平御櫓、これは昭和41(1966)年に復元されたものです。

ここは通常は中に入れないので、一度も入ったことがないです。

ここからの眺め、一度見てみたいなー


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 11:16 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2015年2月、冬の熊本城(1) 厩橋から

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2015年2月に撮ったものです。

1月、2月は観光客も少ないので、熊本城をじっくり見るにはこの時期がいいですね。

この日はお天気がよかったのでたくさん写真を撮ったので、すべてアップしたいと思います。


aakumayuFB_IMG_1461239056610-COLLAGE.jpg




aakumayuFB_IMG_1461239062193.jpg



aakumayuFB_IMG_1461239056610.jpg

厩橋から撮った写真。楠のむこうには平御櫓があります。

あまりに楠が育ちすぎ、この角度からは平御櫓がまったく見えません。

ここらへんはバスからよく見えるところで、平御櫓や長塀をバスの中から見ると好きです。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1
posted by 夢子 at 10:51 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2014年大晦日、ホテル日航からの熊本城

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2014年の大晦日に撮ったものです。

私はここ数年大晦日から元旦は熊本市の中心地にあるホテル日航熊本に泊まっています。

予約時に必ず『熊本城の見える部屋』をお願いします。


akumamotaiiFB_IMG_1461238750016-COLLAGE.jpg




akumamotaiiFB_IMG_1461238766592.jpg


akumamotaiiw2e1.jpg

お部屋から熊本城を眺めながら、年越しをし、そして新年を迎えます。

今年の大みそかの予約もすでにしていますので、大晦日はこちらに泊まります。

ただ、今まで見た熊本城とちょっと変わっているかもしれないけど、どんな姿になっても、私の心の拠り所です。年末年始は近くで過ごしたいと思います。



akumamotaiiFB_IMG_1461238777308.jpg

夜はライトアップされます。

写真はガラス越しなので、肉眼で見るよりもちょっと写りが悪いですが、肉眼でみる熊本城のライトアップは美しいですよー



熊本城の近くにはKKRホテル熊本もあります。このホテルからものすごく近くに天守閣が見えるんですよね。

だから、一度泊まりたいと思いながら、実現する前に熊本地震で熊本城が被害にあってしまった。

落ち着いたら、絶対にKKRホテル熊本に泊まろうと思っている。今の熊本城をしっかり目に焼き付け、そして復興するのをちゃんと見届けたいから。そのために私ができることはちゃんとやりたい。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1


posted by 夢子 at 10:11 | 日本100名城(熊本県)

2016年04月21日

【熊本県の城】2014年、桜満開の熊本城(5)  竹之丸、飯田丸、二様の石垣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2014年の春に撮ったものです。

竹之丸枡形から飯田丸の二様の石垣へ向かうコースです。

私、このルートが好き。ここが一番熊本城の堅固さを体感できる場所です。



kumamotaiiimage (10).jpg


独立櫓跡下のところから、飯田丸五階櫓の石垣を撮った写真です。

桜があったところには江戸時代には要人櫓がありました。



FB_IMG_1461216744642.jpg



FB_IMG_1461216736256.jpg

実のところ私は地震が起きるまで、熊本城に関しては桜は興味がなかった。

石垣が好きなので桜なんて興味がなかった。それどころか木の根によって石垣が傷つくことのほうが怖かった。

桜が咲けばきれいだなーって思うけど、どうしても石垣が気になった。

でも、地震が起きて、来年はこんな美しい姿が見れないと思うと寂しくてね。

今年も桜が満開のときに熊本城に行った。それも二日続けて行った。すごくたくさんの人が桜も熊本城も喜んでいた。だからこれからもずっとずっと桜はここで見たい。


FB_IMG_1461216748774.jpg



FB_IMG_1461216707171.jpg

昔の写真を取り出したら、こんな写真もありびっくり。

よくこんな角度から撮ったよなー

この側溝の下に火で石の表面が剥離したところがあるんだよね。

その写真撮ったかな? 撮っていないような、撮ったような。これから熊本城の写真をすべて確認するから、もし出てきたら嬉しいな。


FB_IMG_1461216753678.jpg



FB_IMG_1461216702938.jpg


加藤清正時代の石垣と細川時代の石垣が同時に見ることができる二様の石垣。

ここはこれだけでも見どころなんだけど、桜の時期は天守閣、二様の石垣、桜のコラボでたくさんの人たちが写真を撮るんだよね〜


kumamotaiiimage (11).jpg


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 17:23 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2014年、桜満開の熊本城(4)  天守閣

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2014年の春に撮ったものです。

熊本のシンボル、熊本城天守閣です。

この天守閣は小さくですが我が家からも見ることができます。

熊本城に、天守閣に見守られて、私たち熊本人は生活しています。

どうか、どうか一日も早く再建してほしい。


kumamotaiiimage (9).jpg



FB_IMG_1461216665185.jpg


大天守と小天守。

この日は朝からお天気がよかったら、家事を済ませて、朝イチで熊本城に行ったのよね〜

2年前のことだけどよく覚える。



FB_IMG_1461216669937.jpg

桜と黒の天守が美しい。



FB_IMG_1461216675436.jpg

小天守の前にあるトイレから撮った一枚。

江戸時代はここに五階櫓があったのよね。

そしてこの下の階段を使って、小天守の中に入るの。ここは普段は入れないけど、先月放送されたブラタモリでタモリさんは中に入っていた。すごく羨ましかったなー  ビデオまだ保存してあるから、大切にとっておかないとね。



FB_IMG_1461216680736.jpg


kumamotaiiiimage (7).jpg

熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 16:42 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2014年、桜満開の熊本城(3) 不開門

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >



写真は2014年の春に撮ったものです。

東竹之丸のある不開門(あかずのもん)です。

kumamotoiiimage (4).jpg



aDSC_0305uy2.jpg

不開門は西南戦争のとき焼失を免れ、国指定重要文化財に指定されています。

普段、この門の中に入ることはできないませんが、2014年3月に一般公開されました。

運よく、私はここに入っています。もうこの先入ることはできないと思うからとても貴重な体験させてもらいました。ありがとうございます。


aDSC_032uy0.jpg

東竹之丸側から撮った不開門です。



aDSC_032uy4.jpg

KKRホテルからの坂から上がってきて、外側から撮った不開門です。



aDSC_031uy6.jpg

不開門の中は暗かったので、ほとんど写真を撮らず、これしか残っていない。

こんなことになるなら、もっと撮っておけばよかったなー



FB_IMG_1461216636052.jpg



FB_IMG_1461216640901.jpg

不開門内部の突き上げ戸から撮ったものです。

これは貴重な写真だから大切にしなくちゃ。



FB_IMG_1461216645849.jpg

これも不開門内部の突き上げ戸から撮ったものです。

桜の木のところに、昔は六間櫓がありました。

江戸時代は不開門、六間櫓、五間櫓はくっついていました。

今回、五間櫓や北十八間櫓など被害にあったので、ここらへんの復元はどうなるんだろう?

熊本城の顔、天守閣からきっとやると思うから、ここらへんの復元はかなり時間がかかるんじゃないないかな。



FB_IMG_1461216650701.jpg



FB_IMG_1461216655885.jpg



kumamotoiiimage (5).jpg



熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 16:40 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2014年、桜満開の熊本城(2) 東竹之丸

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


写真は2014年の春に撮ったものです。

image (6).jpg


image (3).jpg



FB_IMG_1461216629452.jpg

東竹之丸にある四間櫓(よんけんやぐら)と源之進櫓(げんのしんやぐら)の間から撮った写真です。

写真に写っている櫓は源之進櫓です。

東竹之丸は天守閣と本丸御殿を東にあり、本丸一帯が上段で、ここは中段にあたります。



FB_IMG_1461216660518.jpg


上記の写真の位置から少し南に行ったところで、長局櫓の下のところです。

私、このあたり好きなんだ。頬当御門から天守閣まではすごい人だけど、ここらへん一帯はいつ行ってもあまり人がいないからのんびりできる場所なのよね。


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 15:48 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】2014年、桜満開の熊本城(1) 西出丸

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記 >


熊本城は桜が約800本あり、毎年桜の季節になるとたくさんの観光客が訪れます。

今年(2016年)の3月もたくさんの人たちが、熊本城と桜のコラボを楽しみました。

でも、来年はどうなるんだろう・・・。熊本地震でこれからしばらくの間は桜を楽しめないかもしれない。でも、必ず以前に姿に戻ります。絶対に熊本城は元に戻ります。だって加藤清正が造ったお城です。細川家が守ったお城ですから。

写真は2014年の春に撮ったものです。



FB_IMG_1461216593549 (1).jpg

二の丸から西出丸の西大手櫓門に向かう橋は桜並木です。

二の丸駐車場からここを通って天守閣に向かうので、ここは毎年たくさんの人で賑わいます。



FB_IMG_1461216622035 (1).jpg

二の丸から西出丸の西大手櫓門に向かう橋の上から撮った写真。

水が溜まっているけど、これ本当は空堀。

昭和28年の熊本大水害の時に出た砂利をこの空堀に埋めたので、水が溜まるようになってしまった。



FB_IMG_1461216732022 (1).jpg

西出丸塀は明治初期、取り壊されので復元されたもの。

奥に見えるのが戌亥櫓。西出丸塀、戌亥櫓は平成15(2003)年に復元。

熊本地震で戌亥櫓の西側の石垣が崩れたので、これどうなるのかな?


image (1).jpg


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
熊本県熊本市中央区本丸1-1

posted by 夢子 at 15:14 | 日本100名城(熊本県)

【熊本県の城】熊本城登城記・体験記一覧

トップ > 日本100名城 > 熊本城(くまもとじょう)登城記・体験記


kumayuki20160124_141634.jpg
(2016年1月、雪の熊本城)


1601年から1607年にかけて加藤清正によって築城された熊本城。

明治10(1877)年の西南戦争、昭和20(1945)年の熊本大空襲にも耐えた熊本のシンボル熊本城が、平成28年4月14日21時26分の前震、4月16日1時25分の本震により、大きな被害を受けました。

熊本城はどんなときもドンと構え、私たちを見守っていてくれました。それが当たり前で、まさかまさか地震でこんなに無残な姿になるとは思っていませんでした。


kumamotagishinimage.jpg


地震前の熊本城の写真がたくさんあるのでアップします。

そして、これから熊本城が再建されると思う。それらも出来る限り記録していきたい。


【2014年撮影】
2014年、桜満開の熊本城(1) 西出丸
2014年、桜満開の熊本城(2) 東竹之丸
2014年、桜満開の熊本城(3) 不開門
2014年、桜満開の熊本城(4) 天守閣
2014年、桜満開の熊本城(5) 竹之丸、飯田丸、二様の石垣
2014年大晦日、ホテル日航からの熊本城

【2015年撮影】
2015年2月、市役所展望所から見た熊本城
2015年2月、冬の熊本城(1) 厩橋から
2015年2月、冬の熊本城(2) 須戸口門
2015年2月、冬の熊本城(3) 須戸口門から東竹之丸へ
2015年2月、冬の熊本城(4) 東竹之丸の櫓群下
2015年2月、冬の熊本城(5) 東十八間櫓
2015年2月、冬の熊本城(6) 東十八間櫓
2015年2月、冬の熊本城(7) 六地蔵幢
2015年2月、冬の熊本城(8) 不開門
2015年2月、冬の熊本城(9) 源之進櫓
2015年2月、冬の熊本城(10) 本丸御殿の石垣
2015年2月、冬の熊本城(11) 竹之丸(西竹之丸)の石垣
2015年2月、冬の熊本城(12) 二様の石垣
2015年2月、冬の熊本城(13) 数寄屋丸と梅
2015年2月、冬の熊本城(14) 飯田丸
2015年2月、冬の熊本城(15) 本丸御殿の石垣
2015年2月、冬の熊本城(16) 地蔵櫓門
2015年2月、冬の熊本城(17) 天守閣
2015年2月、冬の熊本城(18) 剥離した石垣
2015年2月、冬の熊本城(19) 本丸御殿、東三階櫓跡
2015年2月、冬の熊本城(20) 天守前広場
2015年2月、冬の熊本城(21) 本丸御殿大広間
2015年2月、冬の熊本城(22) 本丸御殿大広間天井
2015年2月、冬の熊本城(23) 本丸御殿・若松之間
2015年2月、冬の熊本城(24) 本丸御殿・昭君之間
2015年2月、冬の熊本城(25) 本丸御殿・中庭
2015年2月、冬の熊本城(26) 宇土櫓
2015年2月、冬の熊本城(27) 宇土櫓からの眺め
2015年2月、冬の熊本城(28) 二階櫓、続櫓、宇土櫓
2015年2月、冬の熊本城(29) 頬当御門の南にある空堀
2015年2月、冬の熊本城(30) 備前掘
2015年2月、冬の熊本城(31) 竹之丸
2015年2月、冬の熊本城(32) 長塀
2015年2月、冬の熊本城(33) 市役所展望所からの眺め 

2015年3月、春のくまもとお城まつり(1) 加藤清正像
2015年3月、春のくまもとお城まつり(2) 下馬橋 
2015年3月、春のくまもとお城まつり(3) 行幸橋
2015年3月、春のくまもとお城まつり(4) 横から撮影した馬具櫓
2015年3月、春のくまもとお城まつり(5) 七間櫓
2015年3月、春のくまもとお城まつり(6) 東竹之丸の櫓群
2015年3月、春のくまもとお城まつり(7) 東竹之丸

2015年3月、本丸御殿 大御台所2階、本丸御膳

2015年4月、熊本城南坂・南大手門(1) 南坂
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(2) 行幸坂からの南坂、南大手門
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(3) 南大手櫓門外観
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(4) 南大手櫓門外観
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(5) 南大手櫓門内部
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(6) 南大手櫓門からの眺め
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(7) 南大手櫓門からの眺め
2015年4月、熊本城南坂・南大手門(8) 南大手櫓門からの眺め

2015年4月、県立美術館分館から東竹之丸の下へ
2015年4月、2015年4月、熊本大神宮と東十八間櫓
2015年4月、北十八間櫓と東十八間櫓の石垣を行ったり来たり
2015年4月、東十八間櫓の石垣を熊本大神宮の後ろから見る
2015年4月、北十八間櫓の下から不開門口を行ったり来たり
2015年4月、不開門から熊本城へ入城
2015年4月、不開門から入城し東十八間櫓を眺める
2015年4月、またまた戻り東十八間櫓、東櫓門跡を見る
2015年4月、今は無き六間櫓を想う
2015年4月、北十八間櫓と遊ぶ

2015年4月、平左衛門丸の発掘調査
2015年4月、熊本城の重要文化財・宇土櫓(1)
2015年4月、熊本城の重要文化財・宇土櫓(2)
2015年4月、熊本城の重要文化財・宇土櫓(3)

2015年11月、熊本城の須戸口門(1)
2015年11月、熊本城の須戸口門(2)
2015年11月、熊本城の須戸口門(3)
2015年11月、熊本城の須戸口門(4)
2015年11月、熊本城の須戸口門(5)
2015年11月、熊本城の須戸口門(6)

2015年11月、加藤神社から眺める熊本城(1)
2015年11月、加藤神社から眺める熊本城(2)

2015年12月、熊本城天守閣

2015年12月、熊本城の宇土櫓、平櫓、不開門


posted by 夢子 at 12:01 | 日本100名城(熊本県)